ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!

今回の『笑ってはいけない』は史上最低の出来!? 酷評&離脱者続出

大みそかの恒例番組として15年目を迎えた、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。昨年12月31日の放送回に対して、ネット上からは〝史上最低〟との酷評が続出している。 今回は『絶対に笑ってはいけない 大貧民GoToラスベガス24時』と題し、『ダウンタウン』や『ココ…

つづきを見る

天海祐希が本気でキレた!『笑ってはいけない』の暴露に非難殺到

昨年12月31日放送の『ガキの使い! 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス』(日本テレビ系)で、女優の天海祐希が小池栄子にブチギレたという裏話が明かされた。 それは、過去の「笑ってはいけない」の名場面を振り返るコーナーでのこと。2019年に天海が出演したことをVTRで振り返り、大女優の体当た…

つづきを見る

渡部建は大失敗!?… 大みそか『笑ってはいけない』で“禊”したタレントたち

12月3日に、芸能活動休止のきっかけとなった不倫問題の謝罪会見を開いた『アンジャッシュ』渡部建。会見中、復帰に関しては頑なに明言を避けたが、大晦日放送の『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(日本テレビ系)収録に参加したことが、ほぼ〝公認〟となっている。 渡部の復帰報道があったのは11月20日のこと…

つづきを見る

『FNS歌謡祭』人気バンド出演に苦情殺到!? 今週の“テレビ事件簿”ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します。(12/17配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 FNS歌謡祭 : 『FNS歌謡祭』“ライブ中止”のNovelbright…

つづきを見る

大晦日『ガキ使』放送見送りに!? 相次ぐ“ネタバレ”に悲鳴が続出

日本テレビ系で大みそかに放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の年越し特番『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』に、女優・菅野美穂が出演すると、『東スポWeb』が報じている。 記事によると、菅野はホテルのオーナーに扮して登場。松本ら出演者にガチでキレまくり、明るい雰囲気のイメージを一変さ…

つづきを見る

渡部建の『ガキ使』出演はナシに!? 松本人志のツイートに憶測の声

活動休止中のお笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建が、12月3日夜、都内で〝不倫謝罪会見〟を開いた。 約半年ぶりに公の場に姿を見せた渡部は、「本日は大変お忙しい中お集まりいただき、コロナ感染対策にご協力いただき、ありがとうございます。この度、私がしてしまった大変軽率な行動により、多くの関係者の方々に大変ご迷惑をおかけし…

つづきを見る

渡部建“謝罪会見”が飛び火! 佐々木希のインスタ大荒れ「恥ずかしくないの?」

『アンジャッシュ』渡部建の不倫謝罪会見が、12月3日19時から都内で開かれることが分かった。それに伴い、妻・佐々木希のインスタグラムのコメント欄が〝大荒れ〟しているようだ。 佐々木は1日に、《4人で対談 お仕事のお話からプライベートのお話まで。トップコートランド是非見てください♪》とつづり、自身が所属する…

つづきを見る

渡部建が許される方法とは? “復帰報道”に「まずは会見と説明を」

多目的トイレでのゲス不倫が発覚し、6月から無期限活動自粛中の『アンジャッシュ』渡部建。相方・児嶋一哉や、妻・佐々木希の謝罪を横目に雲隠れを続けていた男が、やっと動き出した。一部報道で、大みそか恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に出演すると伝えられたのだ。 この情報を伝えた『スポニチ』による…

つづきを見る

『ガキ使』コロナ対策ナシの“収録”に疑問の声「ハラハラするわ」

8月23日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)で、出演者同士の距離が「近過ぎる」として心配する声が相次いでいる。 番組では冒頭、画面右上に「7月15日に収録しました」とのテロップが出た 。レギュラーの『ココリコ』遠藤章造が15日、新型コロナウイルスに感染したとの発表を受けてのものだと思われ…

つづきを見る

『霜降り明星』せいや“例の椅子”でテレビ出演!「下も脱ぐと思った」

6月28日の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)では、「自宅でハイテンション ザ・ベストテン」という企画を放送。様々な芸人が自宅で撮影したハイテンション芸を披露したのだが、『霜降り明星』せいやも登場して物議を醸していた。やはり『文春オンライン』で報じられた〝ZOOMセクハラ〟の影響が尾を引いている…

つづきを見る