テレビ局スキャンダル

韓流偏向!? フジテレビ『凋落』は抗議デモから【平成テレビ局スキャンダル】

2004年~2010年(平成16年~平成22年)の7年間、視聴率三冠王に輝き、飛ぶ鳥を落とす勢いだったフジテレビが、奈落の底に落ちるきっかけとなったのが『フジテレビ抗議デモ事件』だ。 最初にデモが発生したのは2011年8月7日だった。前月7月に俳優の高岡蒼甫が、「フジテレビは韓流ドラマを放送し過ぎている」とツイッターで…

つづきを見る

TOKIOが乱交パーティー!?『TBSワンダフル事件』【平成テレビ局スキャンダル】

TBSの不祥事と言えば1989年、オウム真理教幹部に坂本弁護士のインタビュー映像を見せていた『ビデオ問題』などがあるが、〝衝撃度〟なら1999年(平成11年)、雑誌『噂の真相』がスクープした『TBS乱交パーティー事件』が筆頭だろう。 記事によると、事件はある芸能プロの社長が、若手俳優たちのために乱交パーティーをセッテイ…

つづきを見る

「自民党を阻止せよ」テレビ朝日の偏向がバレた『椿事件』【平成テレビ局スキャンダル】

テレビ局が起こしたスキャンダルの中でも、テレビ朝日の『椿事件』は、日本の放送史上で初めて、放送法違反による〝放送免許取消し処分〟が検討された事件として局内の〝黒歴史〟となっている。 1993年(平成5年)6月に行われた衆議院解散総選挙で、与党自民党の議席は過半数を割り、細川護熙を首相とする非自民連立政権が誕生した。この…

つづきを見る

日本テレビによる「視聴率買収」事件【平成テレビ局スキャンダル】

年度平均視聴率5年連続の三冠王――。紛れもなく現在最強の日本テレビだが、過去に〝テレビ史上最低最悪〟の事件を起こしたことを覚えている人は、今となっては少ないだろう。 事件が明るみに出たのは、2003年(平成15年)10月のことだった。当時、テレビ業界では絶対王者としてフジテレビが独走しており、他の民放局はその後塵を拝し…

つづきを見る