トリチウム

放射能“ゆるキャラ”に3億円の血税! 電通と復興庁に批判殺到「イカれた国」

4月13日、復興庁は海洋への放出が決定した処理水に含まれる放射性物質『トリチウム』をキャラクター化し、それを動画に使用。ネット上で「不謹慎極まりない」と批判が殺到している。 問題になっているキャラクターは、復興庁の公式YouTubeの動画『ALPS処理水について知ってほしい3つのこと』に登場(現在は削除済み)。処理水に…

つづきを見る