ドラマ

NHK朝ドラヒロイン波瑠と嵐の大野智が4月期ドラマで「W主演」か

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインを務める波瑠(24)の快進撃が止まらない。 「ここ10年間の朝ドラの全話平均視聴率を見ても、吉高由里子主演の『花子とアン』(2014年上半期)が22.6%、杏の『ごちそうさん』(13年下半期)が22.4%、シャーロット・ケイト・フォックスの『マッサン』(14年下半期)21…

つづきを見る

11年ぶりのドラマ出演でも「トラブルメーカー」になった萩原健一

タレントの忽那汐里(23)が初主演を務める連続ドラマ『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム=1月10日スタート)で、共演の“ショーケン”こと萩原健一(65)が暴走しているという。 これに対して、俳優の内田朝陽(33)が堪忍袋の緒を切らし、ドラマを降板するという事態が起きた。 同ドラマは京都にひっそりと立つ食堂で繰り広げら…

つづきを見る

大物悪役俳優? 小泉孝太郎が弟・進次郎を抜けない理由

12月20日に最終回を迎えたドラマ『下町ロケット』(TBS系)。最終回の視聴率は22.3%だった。 同ドラマは初回視聴率が16.1%、5話目20.2%、8話目20.4%と、まさに右肩上がり。技術ドラマとして高い評価を得た。 「衛星ロケットを打ち上げるバルブシステムを作る町工場の話です。その技術が心臓手術に役立つ人工弁に…

つづきを見る

元女子アナ高島彩の演技に絶賛の嵐

人気を博したドラマ『下町ロケット』(TBS系)に“女優”として出演した、フリーアナの高島彩(36)の評判がすこぶるいい。 「彼女が演じたのは元新聞記者で、医療事件を専門とするフリージャーナリストの咲間倫子。ノンフィクション作家としても注目を集め、著作で医療機関の闇を次々と切り裂く“キレ者”という設定でしたが、セリフまわ…

つづきを見る

やっぱり反町隆史に知的役は無理だった! 水谷豊がミスした「新相棒」抜擢

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の視聴率が芳しくない。新パートナーとなった反町隆史(42)が「ミスキャストでは」という評価さえ出ている。 水谷豊(63)が主演する同ドラマは現在season14を放映中で、今回から新しい相棒役として反町が登場している。 「主人公の杉下右京(水谷)は、東大法学部の出身で警察庁キャリア組ですが…

つづきを見る

事務所イチ押し「ポスト堀北」・桐谷美玲は世界進出失敗で踏んだり蹴ったり

山本耕史(39)との結婚で芸能界引退が噂されている堀北真希(27)に代わり、“ポスト堀北”と期待された桐谷美玲(26)だが、ドラマが大惨敗に終わっていたことが明らかになった。 「堀北は、来春に事務所との契約更新が控えているんですが、以前から事務所に不信感を持っているため、山本との結婚発表と同時にファンクラブを休止。引退…

つづきを見る

婚活のために俳優進出? 下町ロケット「なんでいるの芸人」今田耕司出演のワケ

お笑いタレントの今田耕司(49)が俳優としての不評を買っている。 今田が出ているドラマ『下町ロケット』(TBS系)は、第8話まで平均視聴率17.99%と好調だ。 同ドラマは衛星ロケットのバルブシステムの開発を町工場が担う物語。 同工場は、心臓手術に使用する人工弁『ガウディ』の開発にも取り組んでいる。そこに主要な役として…

つづきを見る

ドラマ「5人のジュンコ」でモデルの女性殺人犯役がキレイすぎると大評判

11月21日にスタートしたWOWOW放送中のミステリードラマ『5人のジュンコ』(毎週土曜22時・全5回)が話題を呼んでいる。 原作は“イヤミス”の女王の異名もある真梨幸子の同名小説で、彼女の作品がドラマ化されるのは初めてのことだという。 「まあ、それもそうでしょう。何せ、“イヤミス”とは、『読んだ後にいや~な気分になる…

つづきを見る

上戸彩やる気満々!あの「昼顔」が再びお茶の間に…

あの人妻・紗和(上戸彩)が帰ってくる? 『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』のパート2で上戸彩(30)の出演が現実味を帯びてきている。 上戸は、12月6日に生放送される漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2015』(テレビ朝日系)が出産後初仕事になる。この仕事復帰には色々な事情が絡んできているという。しかし、周囲では驚きの…

つづきを見る

「半沢直樹」続編内定で、阿部寛主演「下町ロケット2」はどうなる?

今期No.1ドラマの座を手にした阿部寛(51)主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系)が相変わらずの快進撃を続けている。 11月15日に放映された第5話が視聴率20.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初めての大台超えを記録したのだ。最終回に視聴率40%超えるのも夢ではなくなってきた。 その上昇ムードを受けて、TBS…

つづきを見る