バヒド・ハリルホジッチ

W杯決めたハリルホジッチ監督に「解任論」出た理由

サッカー日本代表が2018年に開催されるワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決める勝利を収めたアジア最終予選のオーストラリア戦後、記者会見に臨んだバヒド・ハリルホジッチ監督は意味深な発言をした。 「もしかしたら残るかもしれない。もしかしたら残らないかもしれない」 6大会連続の出場決定を誇るかと思いきや、なぜか自身の進…

つづきを見る

1月に移籍をしなかった本田圭佑と長友佑都のラストチャンス

サッカー日本代表に常連として招集されている本田圭佑と長友佑都が、所属チームのスタメンから名前を消して久しい。こうした状況にバヒド・ハリルホジッチ監督は「試合に出られるチームへ移籍しろ」と伝えていたが、欧州リーグの移籍可能期間は1月末で終了してしまった。そのため、今季が終了する5月までは、本田も長友もいまのチームに残留す…

つづきを見る

伴わなかった結果と試合内容にハリルホジッチ監督への不安が消えないJFA

サッカーワールドカップ(W杯)の2018年ロシア大会アジア最終予選で、日本代表が9月6日にタイとアウェーで対戦し、最終予選初勝利を挙げた。 しかし、日本サッカー協会(JFA)は監督のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)に対する不安を拭い切れていないという。 試合後に本田圭佑(30=ACミラン)は「勝つことが大事だったので…

つづきを見る

サッカー「キリンカップ」5年ぶり復活で弱気発言をしたハリルホジッチ監督の本音

昨年12月24日に、日本サッカー協会が2016年の主だったスケジュールを発表した。 注目は、5年ぶりに復活する国際親善試合の『キリンカップ』である(6月開催)。 「前回の2011年に行われた3チーム総当たり戦から形式が変更になり、4カ国によるトーナメント戦になりました。そのため、日本が初戦で消える可能性もゼロではありま…

つづきを見る

本田圭佑5戦連続得点「ますます冷遇される」国内Jリーグ選手

格下相手にはめっぽう強いサッカー日本代表の本田圭佑(29=ACミラン)が、Jリーグの監督問題まで混乱させそうだ。 「本田が11月17日のカンボジア戦(ワールドカップアジア2次予選)でゴールを挙げ、これで日本初となるW杯予選5戦連続得点となりました。しかし、この試合は試合後半からの途中出場で、前戦の4戦連続得点した12日…

つづきを見る

GK・川島永嗣の再招集で「サッカー日本代表」が内部分裂危機

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が“爆弾”を投下する。GKの川島永嗣(32)の代表招集を検討しているというのだ。 「2010年、川島はリールセ(ベルギー)に移籍し、12年夏からはスタンダール(同)と3年契約を結んだ。在籍2年目まではレギュラーだったが、昨季は出場機会が激減し、契約満了とともに退団しま…

つづきを見る

造反の兆し!30歳定年制を推し進めるハリルJAPANに不協和音

現場とフロントの見解の違いは埋まらない。サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が、大ナタを振るう。10月8日のワールドカップ・アジア2次予選シリア戦からMF長谷部誠(31=フランクフルト)を外すというのだ。 長谷部は代表チームの主将だ。試合の結果如何では、ハリル監督は求心力を失い、チームも崩壊してしまう危…

つづきを見る