パキスタン

中国の「犯罪マフィア」輸出に怯える周辺国

中国共産党の習近平指導部が始めたマフィアなど犯罪集団の取り締まり作戦『掃黒除悪(悪を取り除く)』の号令下、各地方政府は一斉に摘発に乗り出している。 中国メディアのまとめによると、春節(旧正月)前までの3週間余りのあいだに、河南をはじめ江蘇、浙江、江西、陝西、福建、雲南の各省はそれぞれ1000人以上、全国で1万人以上が拘…

つづきを見る

中国「一帯一路」の餌食になりつつあるベネズエラとパキスタン

南米の産油国であるベネズエラは、経済を支える原油の生産量が昨年、28年ぶりの水準に落ち込んだ。国内石油産業の混乱は深刻で、外貨の借入金が期日を迎えても支払えず、経済危機が悪化して債務不履行に陥る恐れが高まっている。 「ベネズエラ国内は昨年のインフレ率が2600%というとんでもない状況になり、各地で反政府暴動が頻発するな…

つづきを見る

パキスタンで起きた「ドラえもん批判」の理由とは?

パキスタンで、『ドラえもん』が問題視されているのだという。ドラえもんは、子供に依存心を植え付け、親をないがしろにし、そればかりか卑猥であるから放送禁止だという声が挙がっている。 世界30カ国語以上の言語に翻訳されているドラえもん。過去には日本文化大使としても一役買っているほどの人気者に一体、何が起こったのだろうか。 ド…

つづきを見る