ペット

アンジャッシュ渡部の“憧れ”は相方の児島!? 意外と深いコンビ愛…

お笑いコンビ『アンジャッシュ』が9月12日、東京・赤城神社で行われた映画『僕のワンダフル・ジャーニー』の大ヒット祈願イベントに出席した。そこで渡部健が言い放った発言が、一部ネット上で物議を醸している。 同映画は、2017年に公開されたアメリカ映画『僕のワンダフル・ライフ』の続編。何度も生まれ変わる犬のベイリーと、最愛の…

つづきを見る

新垣結衣、森泉、仲里依紗… 変わったペットを飼っている芸能人たち

今年で15周年を迎える歌手の木村カエラは、「1」と「5」から名付けられたアルバム『いちご』を7月31日にリリースした。アルバム収録曲の中には、現在公開中の映画『ペット2』のイメージソングに起用された『BREAKER』があるが、このMV(ミュージックビデオ)にはタイトル通り、多くの動物が出演している。 「犬、猫、うさぎ、…

つづきを見る

工藤静香“炎天下の犬散歩”に怒り収まらず…自ら裸足になって街中へ

歌手の工藤静香が、連日「炎天下での犬の散歩はダメ」と自身のインスタグラムで訴えている。ペットを飼う者として〝当たり前〟とも思えるメッセージだが、本人は日を増すごとに熱意がヒートアップしているようで、ついにはストーリー機能を使って、熱くなったコンクリートの上で裸足になり熱さを伝えるなど、身体を張って危険性を伝えている。 …

つづきを見る

工藤静香の“渾身イラスト”にツッコミ続出「この落書きは何?」

歌手の工藤静香が、8月4日にインスタグラムを更新。炎天下で犬の散歩をする飼い主に注意を促した。 工藤は犬の足跡のイラストを描き、コメントを添えて投稿。内容は愛犬家の工藤らしく、 《日差しがきつい炎天下、暑そうに人間は日傘を差しながら愛犬の散歩をさせている方をよく見掛けます。非常につらい胸が苦しくなる光景です。「うちの犬…

つづきを見る

休みゼロで月給15万!? 『ボンビーガール』の労働環境に心配の声続出

7月16日放送の『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)が、前回取材した生活ギリギリボンビーガールの油絵師・ゆりこさんの現在を改めて放送した。 現在24歳というゆりこさんの職業は、オーダーメイドでペットの油絵を描く〝油絵画家〟。前回の放送では、仕事の依頼が月に3万円分ほどしかないため、家賃が払えずに号泣するほど追い詰…

つづきを見る

ローラ“保護犬”の世話を母親任せで批判続出「エセ慈善事業…」

モデルでタレントのローラが6月16日、自身のインスタグラムを更新。新たに保護犬を引き取ることを報告したものの、現在飼っているペットの数の多さから「世話できるのか?」「引き取るだけなのは簡単」などと、心配の声が相次いでいる。 モデルとして活動する中、保護犬・保護猫を支援する活動もしているローラ。今回、自身が2018年に立…

つづきを見る

「ペットショップで買う奴はクズ!」それでも開き直ったのは…

元『2ちゃんねる』管理人の〝ひろゆき〟こと西村博之氏が、「ペットショップでペットを買う人間」について語り、話題となっている。 3月10日、ひろゆき氏は自身のYouTubeチャンネルで行っているライブ配信内にて、視聴者のコメントに応える形で殺処分問題に言及。売れ残って成長したペットを保健所で殺処分しているペットショップの…

つづきを見る

かわいい“害獣”カワウソ「1匹100万円!」闇取引が増加中

 今、全国各地の水族館で一番人気なのが、イタチ科の動物「カワウソ」だ。ネット上では日本一人気のあるカワウソを選出する『カワウソゥ選挙』が開催されるなど、その人気ぶりはSNSを通じて拡散中。ツイッター上では2017年4月生まれのカワウソ『カワウソちぃたん』のアカウントに、50万人以上のフォロワーがついている。 しかし、そ…

つづきを見る

石田ゆり子「犬猫インスタ」が可愛すぎて女優人気を脅かす

先ごろ、女優の石田ゆり子が新たに開設した愛犬&愛猫たちを掲載するインスタグラムが、妙な評判を呼んでいる。「石田本人のインスタよりいい」と、あらぬ方向で人気を得ているのだ。 「石田の犬、猫好きはよく知られていますが、これまでの彼女のインスタはどちらがメインなのか分からないほど犬、猫が圧倒的に出ていました。そこで彼女は自身…

つづきを見る

「ペットショップで買った子犬」がすぐ重病に!損害賠償はできるの?

この2、3年は猫ブームのようだが、ペットビジネスの市場規模は約1兆4000億円を超えてなお成長を続けている(矢野経済研究所調べ)。市場の伸びに伴い、さまざまな社会問題が顕在化してきた。 繁華街を歩いていると、透明のアクリルボックスに子犬や子猫が入れられて展示されているペットショップをよく見る。あのような光景は日本特有ら…

つづきを見る