ユニクロ

『ユニクロ』は何故“オシャレ”になったか!? 国民服にまで進化した理由

かつて「ユニバレ」という言葉があったことをご存じだろうか。着ている服が『ユニクロ』だと、バレてしまうことの略語で、以前は「ユニバレ」を恥ずかしいと感じる人も多かった。 その気持ちが生まれるのは、「ユニクロの服自体がダサいから」という訳ではなく、ファストファッションの象徴であったため、〝何となくオシャレじゃない〟という風…

つづきを見る

高島礼子の庶民派“ユニクロ私服”が素敵! 1990円の女優コーデ

7月25日の『NEWSポストセブン』で、女優・高島礼子の〝お買い物姿〟がスクープされた。ネット上では、オフモード全開のリラックスしたコーディネートに、「親近感が湧いた」「ユニクロなのにきれい」などと称賛の声が多く上がっている。 同記事によると、高島は6月中旬の曇り空の下、買い物に出掛けたとのこと。その手には、「ロックア…

つづきを見る

紗栄子の“自撮り場所”にツッコミ続出「ドン引くw」「笑っちゃうわ」

タレントの紗栄子が1月5日、自身のインスタグラムを更新。『ユニクロ』の初売りに出掛けたことを自撮りとともに報告したのだが、その場所を巡ってネット上では「ドン引くw」「どんだけナルシスト」などと、失笑の声が続出している。 新年初の投稿となった紗栄子は、《2020年も皆様にとって笑顔いっぱいの1年になりますように》とあいさ…

つづきを見る

young man with a paper with the text human rights

国内外で難民100人雇用! 「ユニクロ」が支援に乗り出す

カジュアル衣料品店『ユニクロ』が、来年から国内外の店舗で難民約100人を雇用するという。 柳井正会長兼社長は「国や国連に解決を頼るだけでなく、企業と個人も支援に乗り出すべき。難民には優秀な人材が多い」と、その積極性を強くアピールした。 これに併せて同社は難民の自立支援に向け、国連難民高等弁務官事務所に3年間で約12億円…

つづきを見る