ユルゲン・クリンスマン

サッカー日本代表「新監督候補」元ドイツ代表監督ユルゲン・クリンスマン氏は日本と相性がいい

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を戦う日本代表は、日本時間3日未明に決勝トーナメントで史上初の8強入りをかけてベルギー代表と対戦したが、2-3で敗れた。後半に原口元気と乾貴士のゴールで2点リードしたが、その後に3失点を喫して逆転負けで、西野朗監督は「結果は残念の一言」と悔しさをにじませた。 今後の代表チームの…

つづきを見る