リゾート

Aggressive management

カジノ法案成立「ギャンブル依存症」よりもずっと怖い!?「スマホ依存症」

2018年7月20日に、いわゆる「カジノ整備法」こと総合型リゾート施設(IR)実施法が成立した。これによって、国内で3カ所を上限として、カジノを含んだリゾート施設が作ることが可能となった。外国人観光客を目当てに北海道、大阪、和歌山、長崎が誘致に意欲を示している。 とはいえ、日本にはすでに、競馬などの公営ギャンブルやパチ…

つづきを見る

韓国・済州島リゾートで「観光客が続々と難民化」転落の理由

韓国を代表するリゾート地の済州島(チェジュド)で、中東のイエメンからの難民申請者が急増している。韓国法務省によると、前年は全国で131人だった同申請者が、今年1~5月だけで527人に上ったという。 「済州島は観光客らを呼び込もうと、2002年にイエメンを含む約200カ国の人々に、30日以内のビザなし滞在を認めました。加…

つづきを見る

南北融和で観光客誘致?北朝鮮の巨大リゾート計画

北朝鮮の東部沿岸の拠点都市、元山(ウォンサン)にある広大な葛麻(カルマ)海岸観光地区で“巨大リゾート計画”が進んでいる。国際空港の葛麻飛行場には、今年1月31日に馬息嶺スキー場で平昌五輪に出場する北朝鮮、韓国選手団による南北合同スキー練習が行われるのに伴い、韓国の襄陽(ヤンヤン)国際空港からアシアナ航空によるチャーター…

つづきを見る

中国海洋覇権のターゲット「南シナ海」の次はリゾート地

南シナ海を支配下に入れた中国の次のターゲットは、インド洋と東アフリカの島嶼(とうしょ)国家に定まった。南インド洋に群礁を広く点在させるモルディブ共和国や、絶海の孤島から成るセーシェル共和国、そしてモーリシャス共和国などが挙げられるがが、これらの国はいずれも天然資源に恵まれないことから、観光と金融で活路を見いだしていると…

つづきを見る