上西小百合

深田恭子と貴乃花親方に「激しい攻勢」上西小百合氏また炎上

炎上騒動が職業と化しているかのような上西小百合前衆議院議員が、またもやツイッターに問題投稿をした。今度は深田恭子にちなんだ内容だ。 深田は12月20日に写真集『palpito(パルピト)』(講談社)を発売するが、早くも話題沸騰で、インターネット上には関連した投稿が多く見られる。 《いつまで可愛いんやこの人》 《深田恭子…

つづきを見る

上西小百合氏またもや「浦和レッズ批判」で大炎上

上西小百合前衆議院議員が、Jリーグの浦和レッズがアジア・チャンピオンズリーグで優勝したことに対し、皮肉混じりにツイッターで祝福した。 レッズおめでとう。絶賛したかったけど、ただ前に出るだけのサッカーってなんだろう。素人の私がみれば外に球を出さないのは楽しかったけれど、狭いフィールドで何かやってただけ。選手の運動量もあの…

つづきを見る

開き直る山尾志桜里議員「芸能界ご意見番」らが猛非難

倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆議院議員が、先の衆議院総選挙で当選後に、自らの政策顧問に倉持氏を起用すると神奈川新聞のインタビューで答えた。山尾議員は「共謀罪法や天皇の皇位継承問題などで、これまで倉持氏とともに取り組んできた」、「記者会見で『男女の関係はない』と否定したことすら、本来答える必要はなか…

つづきを見る

キャスター目指す上西小百合「ライバル」は三浦瑠璃か

タレントに転身した前衆議院議員の上西小百合が、10月23日放送のTBS『ビビット』でテレビリポーターとして“デビュー”した。 上西は、「このハゲー!」などの暴言問題で自民党を離党し、今回の衆院選には無所属で出馬した豊田真由子氏の選挙戦をリポート。本人にも直撃し、握手して「最後の最後までがんばってください」とエールを送る…

つづきを見る

ツイッターでケンカする上西小百合議員と東国原英夫元知事

次回の衆議院選挙で不出馬を決めた上西小百合衆議院議員が、またまた炎上騒ぎを起こしそうだ。今回の相手は東国原英夫元宮崎県知事。発端は東国原氏がツイッターに上西議員について投稿したこの内容だ。 ② それもしない。「タレントにはならない」「次の選挙には必ず出る」「一生政治家」。これらは政治家として発言した言葉。政治家として、…

つづきを見る

上西小百合議員「総選挙不出馬」でキャスター転身か

最近になって数々の炎上騒動を巻き起こしている上西小百合衆議院議員が、10月に行われる予定の衆議院選挙に出馬しない意向を示した。 「本来であればこの時期は、出馬へ向けて慌ただしい毎日を送っているはずです。しかし今回は、出馬しない意向を後援会や支援者へ伝えています。理由は、どこかの政党に潜り込めないかと模索していたところ、…

つづきを見る

衆院選不出馬の上西小百合議員に期待される「仕事」

すっかり“炎上政治家”の名前が板についた上西小百合衆議院議員だが、9月28日に開かれる臨時国会冒頭で衆議院が解散された場合、総選挙に立候補しない意向を示している。出馬しない理由として、野党統一候補としての出馬を目指していたが、環境が整わないためだという。 この報道に関して、インターネット上では辛辣な書き込みが並んでいる…

つづきを見る

今井絵理子議員も…1983年度生まれに多い「お騒がせ女性」

今井絵理子参議院議員との不倫問題で一躍、有名になった神戸市の橋本健元市議は、市政報告のチラシを印刷業者に架空発注し、約700万円の政務活動費をだまし取った疑惑により、議員辞職に追い込まれた。 当初、橋本氏は会見で疑惑を否定していたが、後日、自民党市議団による聞き取りでは疑惑を認め、橋本氏は神戸地検に出頭したという。 こ…

つづきを見る

「炎上政治家」上西小百合議員が婚約相手を語る

“炎上”を武器にしてメディアへ露出を続けている上西小百合衆議院議員が、8月31日に大阪でトークライブを行った。 トークライブでは、森友学園、大阪府の話題、教育論などを展開し、森友学園問題では「大阪で起こったことは大阪で解決しなければいけない。松井知事が森友学園に対して不自然な認可をした。大阪府で百条委員会を設置して追及…

つづきを見る

「炎上政治家」上西小百合議員の新たな標的とは

インターネットでの炎上騒ぎでで話題集めを繰り返している上西小百合衆議院議員が、またまた騒動を引き起こしている。 先日、ツイッターへ《くたばれレッズ!》と投稿した際には警察に出動要請されたことをすっかり忘れたのか、今度は次のような投稿をしている。 SPEEDのメンバーになった気分。 pic.twitter.com/hRx…

つづきを見る