上西小百合

ツイッターでケンカする上西小百合議員と東国原英夫元知事

次回の衆議院選挙で不出馬を決めた上西小百合衆議院議員が、またまた炎上騒ぎを起こしそうだ。今回の相手は東国原英夫元宮崎県知事。発端は東国原氏がツイッターに上西議員について投稿したこの内容だ。 ② それもしない。「タレントにはならない」「次の選挙には必ず出る」「一生政治家」。これらは政治家として発言した言葉。政治家として、…

つづきを見る

上西小百合議員「総選挙不出馬」でキャスター転身か

最近になって数々の炎上騒動を巻き起こしている上西小百合衆議院議員が、10月に行われる予定の衆議院選挙に出馬しない意向を示した。 「本来であればこの時期は、出馬へ向けて慌ただしい毎日を送っているはずです。しかし今回は、出馬しない意向を後援会や支援者へ伝えています。理由は、どこかの政党に潜り込めないかと模索していたところ、…

つづきを見る

衆院選不出馬の上西小百合議員に期待される「仕事」

すっかり“炎上政治家”の名前が板についた上西小百合衆議院議員だが、9月28日に開かれる臨時国会冒頭で衆議院が解散された場合、総選挙に立候補しない意向を示している。出馬しない理由として、野党統一候補としての出馬を目指していたが、環境が整わないためだという。 この報道に関して、インターネット上では辛辣な書き込みが並んでいる…

つづきを見る

今井絵理子議員も…1983年度生まれに多い「お騒がせ女性」

今井絵理子参議院議員との不倫問題で一躍、有名になった神戸市の橋本健元市議は、市政報告のチラシを印刷業者に架空発注し、約700万円の政務活動費をだまし取った疑惑により、議員辞職に追い込まれた。 当初、橋本氏は会見で疑惑を否定していたが、後日、自民党市議団による聞き取りでは疑惑を認め、橋本氏は神戸地検に出頭したという。 こ…

つづきを見る

「炎上政治家」上西小百合議員が婚約相手を語る

“炎上”を武器にしてメディアへ露出を続けている上西小百合衆議院議員が、8月31日に大阪でトークライブを行った。 トークライブでは、森友学園、大阪府の話題、教育論などを展開し、森友学園問題では「大阪で起こったことは大阪で解決しなければいけない。松井知事が森友学園に対して不自然な認可をした。大阪府で百条委員会を設置して追及…

つづきを見る

「炎上政治家」上西小百合議員の新たな標的とは

インターネットでの炎上騒ぎでで話題集めを繰り返している上西小百合衆議院議員が、またまた騒動を引き起こしている。 先日、ツイッターへ《くたばれレッズ!》と投稿した際には警察に出動要請されたことをすっかり忘れたのか、今度は次のような投稿をしている。 SPEEDのメンバーになった気分。 pic.twitter.com/hRx…

つづきを見る

流行語には絶対選ばれない女性政治家の「名言」と「迷言」の記録

政界では現在、女性政治家の言動が世間を騒がせ、ニュースに取り上げられる機会が非常に多い。 8月2日で就任1年となった小池百合子東京都知事は、いまもなお“台風の目”として東京都政ばかりでなく、国政においても注目されている。7月の東京都議会選挙では、特別顧問を務める地域政党『都民ファーストの会』が過半数を獲得して圧勝した。…

つづきを見る

上西小百合議員の「炎上政治」浦和レッズの次はFC東京が標的に…

サッカーJリーグのFC東京に所属する石川直宏が、現役引退を発表した。アテネ五輪のU-23日本代表に選ばれ、Jリーグ通算で300試合以上出場して49得点を挙げた一流プレーヤーだ。近年は怪我の影響もあり出場機会が減っていたが、彼のレプリカユニフォームを着てFC東京の応援に行くサポーターも少なくない。 「石川は引退することを…

つづきを見る

上沼恵美子が上西小百合議員を擁護するも本人はまさかの「反撃」

タレントの上沼恵美子が、7月30日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で“炎上仕掛け人”の上西小百合衆議院議員について「純粋なものを持っている」、「好感度、わたしは高い」と擁護した。 上西議員はサッカーJリーグの浦和レッズとドイツ・ブンデスリーガのドルトムントが行った親善試合について、《浦和酷い負けかた。親善…

つづきを見る

レッズはもういい?上西小百合議員が「次のターゲット」へ

浦和レッズをツイッターで散々批判したことで炎上した上西小百合衆議院議員。浦和サポーターが上西議員の事務所に乗り込み、警察を呼ぶ騒ぎにまでなったことを受けて、浦和レッズは公式サイトで次のような声明を出した。 《ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、心情は十分にお察ししますが、こうした動きに反応することは、浦和レッ…

つづきを見る