不倫

ベッキー復帰の裏で行われていた流言飛語の「情報戦」

不倫騒動で芸能活動を休業していたベッキー(32)が、5月13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で仕事へ復帰した。 だが、その裏では、壮絶な情報戦が仕掛けられ、復帰自体が頓挫してしまう可能性もあったという。 今後も水面下で“ベッキー利権”を巡って、争いが続けられることになりそうだ。 金スマの放送の3…

つづきを見る

ベッキーが謝罪を望んだのは慰謝料を払うため…気になる金額は?

不倫問題で芸能活動を休止していたタレントのベッキー(32)が、5月13日に放送されたバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちに』(TBS系)に出演した。 その際に、中居のインタビューに対して、不倫の経緯から破局まで涙ながらに語った。 その内容については翌日のスポーツ紙やニュースまで報じているので省略する。意外だ…

つづきを見る

芸能界復帰のベッキーが払ったゲス前妻への「口止め料」説

今年1月に週刊文春誌上で報じられたタレントのベッキー(32)と、音楽バンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音(27)の不倫疑惑。 ベッキーは不倫を認めないまま、芸能活動休止に入り、それから3カ月強でバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で仕事復帰を果たした。 4月27日発売の週刊文春に、ベッキーの…

つづきを見る

80年が経った「阿部定事件」の事件現場とゆかりの地の現在

昭和の戦前から語り継がれる『阿部定事件』。1936年に、東京の尾久町(現在の荒川区)の待合茶屋『満左喜』で阿部定(31)という女性が、勤務先の割烹店経営者(42)を絞殺した事件だ。 5月18日には事件発生から80年を迎える。その事件の形跡や、現場周辺は現在どうなっているのか。 この二人は不倫の関係で、4月23日から渋谷…

つづきを見る

不倫認め復帰狙うベッキーだが「ある人物」が仕事を総横取り

不倫問題を起こしたタレントのベッキー(32)が、不倫問題を最初に報じた週刊誌『週刊文春』編集部に直筆の手紙を届け、再び話題になっている。 4月27日発売の同誌は、手紙の内容を全文紹介しており、楷書体で書かれた手紙の実物写真も掲載している。 彼女は年初に、音楽バンド『ゲスの極み乙女。』ボーカルの川谷絵音(27)との不倫が…

つづきを見る

文春への手紙が裏目に出たベッキーが復帰のために「ある行動」を開始

音楽バンド『ゲスの極み乙女。』ボーカルの川谷絵音との不倫騒動を受け、全ての芸能活動を休止しているベッキー(32)の周囲の人間に非難が集まっている。 「あれじゃ復帰できる芽を自ら潰してしまったようなものです」(テレビ局編成担当) 全ての始まりはベッキーが自らしたためたという手紙の存在だ。 「4月22日に、週刊文春編集部へ…

つづきを見る

不倫騒動を切り抜けた芸能人の先人たちの「3パターン」

今年の芸能界は不倫スキャンダルの連続だ。 不倫報道後の対応は、そのタレントの今後に大きく影響する。その点で、今年の不倫騒動の対応が合格点だったのが石井竜也(56)、最悪だったのがベッキー(32)だったという。 「石井は即座に妻同席の謝罪会見を開いた。これによって、芸能マスコミが追求できない雰囲気を作り出し、騒動を収めた…

つづきを見る

消費税が上がると不倫が流行する? その他にもある増税との「意外な関係」

音楽バンド『ゲスの極み乙女。』ボーカルの川谷絵音(27)とタレントのベッキー(32)、ミュージシャンで映画監督の石井竜也(56)、元衆議院議員の宮崎謙介氏(35)、落語家の桂文枝(72)、作家の乙武洋匡氏(40)と、今年はとにかく不倫騒動が多い。 実は、不倫のブーム(?)と経済には、妙な関係性があるという。 「1997…

つづきを見る

桂文枝の「新婚さんいらっしゃい!」降板説が再浮上して後任に出た名前は…

桂文枝(72)に再び『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)の降板説が浮上している。 演歌歌手の紫艶(38)と愛人関係にあった文枝が、番組降板という窮地に陥ったのは1カ月前。しかし、3月16日には番組を制作する朝日放送が「引き続き出ていただく」と発表したことで難を逃れたはずだったのだが…。 「実は、芸能人が何か不祥事…

つづきを見る

不倫謝罪で危惧される…石井竜也の「川崎麻世化」

ミュージシャンの石井竜也(56)が先ごろ、30歳年下の女性ファンとの不倫を女性週刊誌『女性セブン』にキャッチされた。 石井は、同誌の発売前日に公式サイトに謝罪文を掲載。翌日には、ラジオ番組の公開収録終了後、マリーザ夫人と手をつないで会場から出てきて、報道陣に対して深々と頭を下げた。 「ベッキーと『ゲスの極み乙女。』の川…

つづきを見る