世界の果てまでイッテQ!

『イッテQ!』上級国民なADに“一般視聴者”ブチギレ「二度と出演するな」

6月13日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に登場したADが、視聴者から歓迎してもらえず、厳しい声を浴びてしまったようだ。 この日は『宮川探検隊』が放送され、宮川大輔とAD数名の探検隊は九州・五島列島へ。しかし、ロケに参加するはずの女性ADは、宮川に電話で休みを申し出てしまう。気になる休みの理由はと言う…

つづきを見る

お茶の間悲鳴!『イッテQ』よしこが“登山”でガチ泣き「やめさせて」

お笑いコンビ『ガンバレルーヤ』の2人が、6月13日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。よしこが泣きながら登山する姿を見て、視聴者は「やめさせて欲しい」などと悲鳴をあげた。 2人は絶景スポットを撮影しようと、高知県と愛媛県を訪問。標高1974メートルの西日本最高峰、石鎚山を登ることに。番組では、小学…

つづきを見る

『イッテQ!』“新出川ガール”がバレバレ?「激アツ」「声がもう…」

6月13日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、「出川ガール」として新たな女性メンバーが投入されることが明かされた。名や顔は伏せられたが、一部視聴者は女性の正体がバレバレだと指摘している。 番組後半に「近日公開」と告知を挟み、今年加入した箭内夢菜に続く2人目の新「出川ガール」と、出川哲朗、河北麻衣子、堀…

つづきを見る

『イッテQ!』イモトが“花火”の雰囲気ブチ壊し?「お金の話ばっか…」

タレントのイモトアヤコが、5月30日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、自ら作り上げた花火を打ち上げた。だが花火の最中にイモトが繰り返した言動に、視聴者がツッコミを浴びせている。 イモトは秋田県内の花火を作る会社を訪問し、花火作りを手伝うことに。番組では80万円の予算を確保、「イッテQ花火大会」と称し…

つづきを見る

『イッテQ!』河北麻友子が“新出川ガール”をガン無視?「見向きもしない」

5月16日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、谷まりあと河北麻衣子が「新出川ガール」の女性を〝ガン無視〟したのではないかと、視聴者の間で話題になっている。 西表島を訪問した出川哲朗とデヴィ夫人、「出川ガール」の4人は3組に分かれてカヤック対決に臨んだ。約200メートルこぎ、桟橋に先に上がった方が勝ちと…

つづきを見る

『イッテQ!』河北麻友子の“失礼発言”にデヴィ夫人ガチ説教「真顔だった…」

モデルの河北麻友子が5月16日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。「出川ガール」の後輩に当たる女性タレントに浴びせた言葉に、視聴者から批判の声があがっている。 出川哲朗とデヴィ夫人と「出川ガール」の河北、堀田茜、谷まりあ、箭内夢菜が西表島を訪問。このうち料理対決では「出川ガール」の4人が、スタッフ…

つづきを見る

『イッテQ!』宮川大輔の“大食い”が物議「吐きそう」「大事に食べて」

5月9日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、宮川大輔が大食いに挑戦したが、立て続けに苦しげな表情を見せ、一部を吐き出してしまった。これに視聴者は嫌悪感を示している。 宮川は香川、兵庫を訪問。香川県小豆島では樽や桶を支える輪「箍(たが)」をフラフープのように回す「タガフープ」に挑戦。直径1.8メートルの…

つづきを見る

『イッテQ!』ロッチ中岡が“食べ物”をムダに…「全然面白くない」

5月9日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、『ロッチ』の中岡創一がYouTube動画を参考に「技」に挑戦した。だがあえなく失敗し、食品をムダにする形に。視聴者は「もったいない」と呆れている。 中岡は上下が空洞になったバケツを被り、その上から大量の水を入れてスタッフが上から生卵を落とした。参考動画では顔…

つづきを見る

『イッテQ!』衝撃映像にお茶の間凍る…2021年に巻き起こった放送事故

毎日放送しているテレビには、思いがけないハプニングがつきもの。今回は、2021年に起こったテレビの放送事故をご紹介しよう。 1月31日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、お茶の間を凍らせる映像が流れ、視聴者が戦慄する一幕があった。 この回では、イモトアヤコが静岡県内の昆虫自然観察公園を訪問。館長は学…

つづきを見る

『イッテQ!』出川哲朗がモデルに“キス”要求?「堂々とセクハラ」「キモい…」

5月2日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、タレントの出川哲朗が出演。共演したモデル・堀田茜に突然キスを要求し、視聴者をざわつかせた。 出川は堀田とともに「カレンダープロジェクト」の企画で奄美大島を訪問。年に数回しか出現しないという「ドラゴンアイ」を撮影することになった。 春分の日と秋分の日の前後の数…

つづきを見る