中垣内祐一

man volleyball  jumping silhouette

バレーボール男子代表に囁かれる「指揮のちぐはぐさ」

9月に東京で行われたワールドグランドチャンピオンズカップ2017で男子バレーボール日本代表は5戦全敗を喫した。 対戦した相手が、ブラジル、フランス、イタリア、アメリカなど“強豪中の強豪”だったせいもあるが、5試合で奪ったセット数はわずか2。3年後には東京五輪が控えるなかで“希望の光”さえ見えない内容に、関係者は憤ってい…

つづきを見る

男子バレー日本代表「あまりに弱い」協会激怒

バレーボールの国際大会、ワールドグランドチャンピオンズカップで男子日本代表は5戦全敗の屈辱に見舞われた。 日本は世界ランキング12位。すべて格上との試合になったとはいえ、奪ったセットはイタリア戦、イラン戦の1回ずつのみで、勝ち点ゼロという憂き目にあった。そのため、交通事故を起こすなどトラブルの多かった中垣内祐一代表監督…

つづきを見る

男子バレーボール日本代表を牽引する3人の「イケメンアタッカー」

男子バレーボール日本代表チームの中垣内祐一監督は、人身事故を起こしたため、チームへの合流が遅れていた。合流したのは、ワールドリーグ第1週を終えたあとだった。 「いまさらですが、中垣内監督の指揮官就任には異を唱える者も多かった。その上で、就任直後に人身事故を起こしてしまった。肝心の試合で無様な負け方をすれば、その時点で解…

つづきを見る

powerful volleyball attack.

いまだに燻っていた男子バレーボール全日本代表監督問題

日本バレーボール協会が中垣内祐一代表監督の代行を起用することを検討している。中垣内監督といえば、日本代表監督に就任した直後の昨年11月に、中国自動車道で男性をはねる人身事故を起こしてしまった。協会は譴責(けんせき)処分を科し、いったんは代表監督を続けさせる方針も示したが、まだ完全に決着していなかったのだ。 「今年1月、…

つづきを見る