中村奨成

甲子園本塁打新記録誕生で高野連が喜んだ「ある理由」

高校野球の夏の甲子園大会準決勝第1試合で、広陵高校の中村奨成(3年)が大会最多本塁打記録を更新する6本塁打目を放った。この本塁打で、元プロ野球選手の清原和博(PL学園)が1985年に記録した一大会の個人最多本塁打を32年ぶりに塗り替えた。 その試合に勝利した広陵は、決勝へ進んで花咲徳栄高校と対戦し、優勝は逃したものの中…

つづきを見る