丸山隆平

川口春奈『着飾る恋』打ち切り!? 最終回のヒドさが話題「近年稀にみるクソ」

6月22日に、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。メインキャスト全員の〝選択〟に大ブーイングが起こっている。 同作の主人公は、インテリアメーカーの広報として働く〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)。SNSで10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーだ。社長の葉山祥…

つづきを見る

ラスト3分だけ見ればOK?『着飾る恋』無駄エピソード連発に呆れ声

5月18日、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第5話が放送された。視聴者からは「無駄なエピソードが多い」との指摘が相次いでいる。 同作の主人公・真柴くるみ(川口)は、インテリアメーカーの広報として働く〝着飾る女〟。SNSで10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーだ。社長の葉山祥吾(向…

つづきを見る

『着飾る恋』関ジャニ・丸山の“セクハラ”にドン引き「体触りすぎ」

4月27日、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第2話が放送された。横浜流星と『関ジャニ∞』丸山隆平の〝セクハラ〟がドン引きされている。 同作の主人公〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)は、インテリアメーカーの広報として働き、SNSは10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサー。密かに想いを寄せ…

つづきを見る

『知ってるワイフ』神ドラマぶち壊し? ジャニーズの“内輪ノリ”に批判

連続ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)第10話が3月11日に放送。視聴者満足度が非常に高い作品だが、最終回・第11話の予告映像に、一部ファンが落胆しているようだ。 同作の主演は『関ジャニ∞』の大倉忠義、その妻役として広瀬アリスが出演している。「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と悩める夫・元春(大倉)が、恐妻の…

つづきを見る

『関ジャニ∞』丸山隆平の“ブヨブヨ腹”に絶句「ただのオッサン」

『関ジャニ∞』の丸山隆平が、8月17日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)で、たるんだ腹を自ら見せて話題になっている。 番組では、パソコンに疎い丸山と横山裕が基礎知識を学ぶ講座を受け続けている。この日もコピーアンドペーストの方法や、Googleストリートビューの使い方などを学んだ。 番組公式ツイッターに、写…

つづきを見る

『関ジャニ∞』横山裕の“パソコン操作”に悲鳴「どうやって生きてきた?」

『関ジャニ∞』の横山裕と丸山隆平が6月29日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)に出演。パソコンの使い方を学んだが、2人の機械音痴ぶりに呆れる声があがっている。 「究極のメカ音痴」と称される横山と、タブレットしか操れないという丸山にスポットを当て、スタジオでパソコンを扱う能力を確かめていく。丸山は、リモート…

つづきを見る

小島瑠璃子と関ジャニ・丸山‟疑惑”のテレワーク!?「この2人絶対一緒だろ」

新型コロナウイルスの影響で外出の自粛を余儀なくされる昨今は、多くの企業が遠隔操作による勤労形態の一種「テレワーク」を実施している。ここ最近では一般企業だけでなく、テレビ業界でもテレワークの波が。4月11日の情報番組『サタデープラス』(TBS系)も、出演者たちが別々のスタジオで撮影した〝テレワーク出演〟で放送され、視聴者…

つづきを見る

やはり事務所の力なのか…“不倫疑惑”が屁でもなかったジャニーズたち

東出昌大に続いて鈴木杏樹までが…。 ベッキー以降、一種のブームとなった芸能人の不倫スキャンダルが、にわかに再燃している。東出も鈴木も今回の報道で大ダメージを受けているようだが、その一方で、不倫疑惑をもみ消した〝ダメージゼロ〟芸能人もいた。 まずは『関ジャニ∞』の丸山隆平と平愛梨。2016年、写真週刊誌『FRIDAY』に…

つづきを見る

年下妻の“衝撃過去”城島茂に同情の声殺到!「清楚って言ってたのにww」

『TOKIO』リーダー・城島茂の24歳年下の妻、グラビアアイドルの菊池梨沙が、過去に『関ジャニ∞』の丸山隆平と〝二股交際〟していた疑惑があると、『週刊文春』10月24日号が報じている。 記事によれば、城島はもともと束縛がかなり強く、菊池との間でケンカが耐えなかったとのこと。たまりかねた菊池は丸山に相談。2人の関係を不審…

つづきを見る

ジャニーズの中でマジで信頼できる“超優等生メンバー”とは?

人気者であるが故に言動の1つ1つが注目され、交友関係といったプライベートまで詮索されることが多いジャニーズタレントたち。〝監視体制〟さながらの状況でボロを出してしまう者も多いが、中にはそうしたイメージダウンがない〝優等生〟も存在している。 〝ジャニーズの問題児グループ〟といえば、満場一致で名前が挙がるのが『NEWS』。…

つづきを見る