今井絵理子

今井絵理子議員が「不倫裁判」提訴目前!

政治家の不祥事が相次いでいる。山尾志桜里衆議院議員の不倫疑惑、パワハラ問題が発覚した豊田真由子衆院議員の入院からの復帰などが続いた。そのため、今井絵理子参議院議員の不倫疑惑と不祥事が風化しようとしている。 「今井議員本人もほかのスキャンダルが次々と出てくるので、逃げ切れると思っていたのではないでしょうか。本職の政治記者…

つづきを見る

今井絵里子議員「政治評論家」へ転職か

自民党の今井絵理子参議院議員が近く議員辞職し、芸能界復帰を画策しているという。 「今井とホテルでの不倫疑惑を報じられた相手の橋本健元神戸市議は、刑事事件に発展しそうな不正を働き、今井自身もビール券をばらまいて公職選挙法199条の2の違反を追及されています。着々と議員辞職の時は迫っているでしょう」(政界ライター) 今井議…

つづきを見る

今井絵理子議員も…1983年度生まれに多い「お騒がせ女性」

今井絵理子参議院議員との不倫問題で一躍、有名になった神戸市の橋本健元市議は、市政報告のチラシを印刷業者に架空発注し、約700万円の政務活動費をだまし取った疑惑により、議員辞職に追い込まれた。 当初、橋本氏は会見で疑惑を否定していたが、後日、自民党市議団による聞き取りでは疑惑を認め、橋本氏は神戸地検に出頭したという。 こ…

つづきを見る

今井絵理子衆院議員に新たなスキャンダル発覚か

印刷業者に架空発注し、政務活動費を騙し取った疑惑が発覚して先ごろ神戸市議を辞職した橋本健氏が、所属していた自民党会派の聞き取り調査に対し、不正を「全て認める」と回答した。 自民党の今井絵理子参議院議員との不倫交際報道では「一線を越えていない」と言っていたが、公金の不正使用については「やっていない」という言葉を覆した。 …

つづきを見る

伝説の迷言も…芸能人が不倫で言い訳に使う「3つのパターン」

今年も芸能人の不倫騒動は多いが、そのなかから流行語大賞を狙えそうな“迷言”が生まれている。 今井絵理子参議院議員が元神戸市議会議員の橋本健氏との関係について問われた際に語った「一線は越えていない」、宮迫博之が『週刊文春』に不倫疑惑を報じられた際の「オフホワイト」などだ。 昔からタレントの不倫騒動では“迷言”が多く、それ…

つづきを見る

橋本健神戸市議の「辞意表明」で今井絵理子議員も辞職確実か

政務活動費の不正請求疑惑が取り沙汰されていた神戸市議会の橋本健市議が、8月28日に辞職の意向を示した。 「橋本市議と不倫疑惑のあった今井絵理子参議院議員も辞職目前です。一連のスキャンダルを報じてきた『週刊新潮』は、ターゲットを決めたら、とにかく相手が音を上げるまでやる編集姿勢で、特に政治理念のない今井議員のことは以前か…

つづきを見る

今井絵理子議員辞職の間近で「SPEED」再結成へ加速

今井絵理子衆議院議員の不倫相手、橋本健神戸市議が政策チラシを架空発注していた案件が、ボディーブローのようにじわじわと自民党をむしばんでいる。「このままでは10月の補欠選挙を戦えない。今井は最低でも離党にすべきだ」という声が党内から上がっているという。今井議員は不倫疑惑が発覚した際、ぶら下がり会見を露骨な不満顔で対応し、…

つづきを見る

Hand young man in handcuffed hold money black and white  tone

今井議員と不倫の橋本市議「チラシ架空発注疑惑」で完全終了か

元『SPEED』で自民党・今井絵理子参院議員との不倫疑惑が話題になった神戸市の橋本健市議が、市政報告のチラシを印刷業者に架空発注し、約720万円の政務活動費(政活費)を申請した疑いがあると『週刊新潮』が報じた。不倫疑惑に続いての会見となった橋本氏は「架空発注はしていない」と疑惑を否定した。 「ですが、地元の支持者に聞い…

つづきを見る

今井絵理子「車内キス疑惑画像」流出

7月27日発売の『週刊新潮』で橋本健神戸市議との不倫疑惑が報じられた今井絵理子参議院議員。その今井議員の“キス疑惑画像”がインターネット上に流出し、再び波紋を広げている。 「画像は複数点あり、赤外線カメラで盗撮したかのようなモノクロ写真です。自動車のなかで今井似の女性と、橋本氏にも見える男性が、抱擁したりディープキスし…

つづきを見る

流行語には絶対選ばれない女性政治家の「名言」と「迷言」の記録

政界では現在、女性政治家の言動が世間を騒がせ、ニュースに取り上げられる機会が非常に多い。 8月2日で就任1年となった小池百合子東京都知事は、いまもなお“台風の目”として東京都政ばかりでなく、国政においても注目されている。7月の東京都議会選挙では、特別顧問を務める地域政党『都民ファーストの会』が過半数を獲得して圧勝した。…

つづきを見る