伊勢谷友介

伊勢谷友介の“悠々自適生活”に嫉妬? ネット民がピアスにイチャモン

俳優・伊勢谷友介の商魂がたくましいと、ネットで話題になっている。 伊勢谷は7月3日に自身のインスタグラムを更新し、オリジナルのピアスを紹介。《fanicon会員先行発売開始しました! 会員様には10%引きになります 僕の大好きなモチーフをピアスにしてもらいました。僕にとっては初めて所有欲を満たしてくれるピアスです。やっ…

つづきを見る

「46歳にもなって…」伊勢谷祐介の“若作りファッション”に呆れ声

俳優の伊勢谷友介が6月20日に自身のインスタグラムを更新。口ピアスにサングラス姿の最新ショットを投稿し、ネット民がザワついている。 伊勢谷は知人のブランドの服を着用しているようで、《今年の夏はシャツをいっぱい着れそうです! オーバーサイズのシャツに、このパンツめちゃくちゃハマります》と綴り、オーバーサイズの赤いアロハシ…

つづきを見る

伊勢谷友介“学業と医療を無料化”発言にツッコミ!「ズレてる」「魔法使い?」

俳優の伊勢谷友介が4月12日、自身のインスタグラムを更新。日本の自殺者数減少を目指すために「学業と医療の無料化」を提案した。 伊勢谷は趣味のスノーボードを楽しむ動画を投稿し、《僕にとってこの時間が自分を生かしてくれるエネルギーになる。人にとって幸せな時間とは、未来の事や過去の事を考えてない「今に集中してる時間」の事。滑…

つづきを見る

伊勢谷友介がニオわせ? 自宅に森星の影か…「同じようなライトあるよね」

俳優の伊勢谷友介が、4月3日に自身のインスタグラムを更新。神秘的な雰囲気のある自宅の様子を公開した。 伊勢谷は《我が家の多肉から目が出た~コレ、切らなきゃならないと思うんだけど、、、確か、切ってお水に入れると花が咲いてくれるんじゃなかったかな!?!? どなたかご存知ですか~?》と綴り、天井から吊された多肉植物と幻想的に…

つづきを見る

伊勢谷友介“本格復帰”間近!? SNSへの意味深投稿に飛び交う憶測

俳優・伊勢谷友介の〝芸術センス〟に賛否両論が飛び交っている。 伊勢谷は1月12日に自身のインスタグラムを更新し、《実は一昨年の年末ハマっておりましたは、受験のため、高校生の時に慣れ親しんだ「水粘土」。最初の1匹目は直径30cmの球体をベースに作った象さん》と綴り、水粘土で作った見事な象の写真を投稿。続けて、《ただの「水…

つづきを見る

映画『翔んで埼玉』続編決定! 伊勢谷友介の復帰作になる可能性は…?

コメディー映画『翔んで埼玉』の続編制作が決定した。ファンから歓声が上がっているが、一方で出演者のキャスティングを心配する声も…。 同作は漫画家・魔夜峰央の生み出した同名コミックを原作に、大都市・東京都と辺境の地・埼玉県の抗争をコミカルに描いた映画。続編は2022年に公開が予定されており、前作に続いて武内英樹氏が監督を務…

つづきを見る

伊勢谷友介の“俳優復帰”宣言に猛反発!「二度と顔を見たくない」

昨年9月、大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された伊勢谷友介。彼が4月26日発売予定の『週刊文春CINEMA!』で、インタビューに応じていたことがわかった。 インタビューでは、家宅捜索で大麻が発見された瞬間や、20日間に及ぶ留置場での生活、逮捕直前に亡くなっていた異母兄・山本寛斎への思いなどを語っているという。 伊勢谷…

つづきを見る

伊藤健太郎が『とんかつDJアゲ太郎』の戦犯!? 2020年に爆死した映画たち

2020年は〝新型コロナウイルス〟の影響により、さまざまな業界が大打撃を受けている。テレビ業界やイベント業界はもちろん、映画業界も無関係ではない。しかし、そんな状況の中、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』という大ヒット作品が生まれているのも事実。そこで今回は〝大爆死〟した2020年公開の映画をご紹介していこう。 まずは『…

つづきを見る

映画『十二単衣を着た悪魔』大爆死!「黒木瞳は監督に向かない」と酷評の嵐

女優・黒木瞳が監督を務めた映画『十二単衣を着た悪魔』の舞台あいさつが、11月7日に行われた。 同作は、10月29日に道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕された俳優・伊藤健太郎の主演映画で、当然ながら当人はあいさつに欠席。一時、公開延期が心配されていたが、配給元は「多くの方々から映画公開に対するメッセージをいただい…

つづきを見る

伊勢谷友介&伊藤健太郎“逮捕”の影響!? 映画『とんかつDJアゲ太郎』が爆死

10月30日に、映画『とんかつDJアゲ太郎』の上映がスタートしたのだが、興行通信社発表の〝全国週末興行成績〟は初登場6位という残念な結果に。一体どうしてこのような結果になってしまったのだろうか…。 同映画の原作は、2014年から2017年にかけて『少年ジャンプ+』で連載されていた同名漫画。2016年には『少年ジャンプ+…

つづきを見る