体操

村上茉愛の快挙で汚名返上した池谷幸雄

カナダのモントリオールで行われた体操の世界選手権では、内村航平が故障するアクシデントに見舞われて同大会7連覇を逃したが、白井健三が盛り返し、女子では村上茉愛が1954年ローマ大会以来、全種目を通じて63年ぶりに金メダルを獲得した。 その村上を育てたのが、元メダリストの池谷幸雄氏だ。池谷氏は18歳まで村上を指導した。女子…

つづきを見る

金メダル村上茉愛に「厳重警戒」準備の体操関係者

カナダのモントリオールで行われていた体操世界選手権の種目別女子床運動で、村上茉愛(むらかみ・まい)が金メダルに輝いた。体操での日本女子の優勝は、1954年のローマ大会で平均台優勝の田中敬子以来、63年ぶり2人目の快挙だ。 村上は、個人総合決勝で予選首位通過ながら4位に終わり、悔し涙を流していた。しかしこの優勝で「人生の…

つづきを見る

結婚当初から続く内村航平の妻と姑の険悪すぎる関係

リオデジャネイロ五輪の男子体操総合個人で2連覇を果たした内村航平(27)の母親と、内村の妻のあいだに確執が生じているという噂がある。 「内村は、2012年に日本体操協会へ連絡せずに、大学の後輩だった千穂夫人と極秘で入籍をしています。しかも、入籍前に妊娠をしていました。内村には、それ以前の2008年ごろから交際していた体…

つづきを見る

グラスゴーの敵をリオで討つ!「サッカー日本代表潰し」に向けられた中国マネー

イギリスで開催された『体操世界選手権2015』で内村航平(26)を始めとする日本代表が、団体総合で37年ぶりの金メダルを獲得した。 このことは日本でも大きく報じられたが、敗れた“体操大国”の中国(3位)の反響はもっと大きかった。 「中国では体操の代表メンバーを『ドリームチーム』と呼んでいました。1994年から昨年まで、…

つづきを見る

男子体操・内村航平がリオ五輪へ抱えた「恐怖体験」のトラウマ

男子体操日本代表が第46回世界選手権グラスゴー大会で37年ぶりに男子団体総合の世界王者に輝いた。 チームを牽引したのはエースの内村航平(26/コナミスポーツ)だが、この勝利は来夏のリオデジャネイロ五輪へのステップとはならないようだ。 「白井(健三=19/日体大)の活躍が大きかった。決勝で田中(佑典=25/コナミ)、内村…

つづきを見る