健康で文化的な最低限度の生活

吉岡里帆の仕事ができない役どころに「腹が立つ」の声

7月24日にドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(TBS系)の第2話が放送された。新人ソーシャルワーカーを演じる吉岡里帆は生活保護を扱うストーリーに挑戦しているが、その役柄に「腹が立つ」と批判する声がここにきて相次いでいる。 吉岡演じる義経えみるは第2話で、子ども2人を育てるシングルマザーのもとを訪問。第2話ではこの…

つづきを見る

2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由

民放各局の夏ドラマが続々とスタートしている。まだ1、2話が放送されたばかりだが、早くも視聴率の明暗が鮮明となっており、関係者をヤキモキさせているようだ。 まず、堅調なスタートを切ったのはテレビ朝日『遺留捜査5』。7月12日に放送された初回2時間SPは14.7%の高視聴率で、堂々の1位を獲得。昨年7月期にシーズン4が放送…

つづきを見る

吉岡里帆『健康で文化的な最低限度の生活』コミカルな役どころで奮闘中

7月17日に新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(TBS系)がスタートした。主演の吉岡里帆が区役所のケースワーカー役を演じ、生活保護受給者との交流を描いている。吉岡は身の丈に合った役柄で奮闘しているが、原作ファンからは「原作マンガに比べたら薄っぺらい」と批判する声が相次いでいる。 吉岡演じる義経えみるは区役所に入る…

つづきを見る