共感

水野美紀“専業ママの方が大変”発言に主婦層からやっかみ「金あるんだな…」

43歳で高齢出産した俳優の水野美紀が9月20日、『文春オンライン』のインタビューで5年間の育児生活を振り返り、話題になっている。 水野は同日、子育てエッセイを発売。インタビューでは5年間の育児生活について振り返り、「兼業よりも専業の方がキツい」と明かした。 水野は《小さい子どもを育てながら仕事なんて大変だねと言っていた…

つづきを見る

山之内すず“ヤセ志向”に苦言も…「8キロ痩せる宣言してたじゃん!」

カリスマインフルエンサーでタレントの山之内すずが9月1日、都内で行われたイベントに登壇。「最近の子は細い」と過度なダイエットに走る女性たちに警鐘を鳴らした。 イベントのテーマは、若年女性の〝健康的なカラダづくり〟。パネリストとして参加した山之内は「私から見ても最近の子は細い子が多いと思う」と発言する。 続けて「憧れの人…

つづきを見る

ノブコブ吉村の“声優ディス”に共感殺到「最大のタブーに踏み込んだ」

7月22日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、『平成ノブシコブシ』の吉村崇が出演。声優のファッションをディスって話題になっている。 自分のトーク順が回ってきた吉村は、「芸人だけかもしれないけど、後輩に物をあげるじゃないですか。人にどれくらいの物をあげたことがありますか?」と出演者たちに質問した。 …

つづきを見る

“ひと口ちょうだい”は許せない!? 明石家さんまの言い分に「わかる」

〝コミュ力おばけ〟のイメージのある明石家さんまが、コミュニケーション方法の一種を否定する意外な発言を繰り出し、ネット上で話題を集めている。 きっかけは7月5日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)3時間SPだった。 この日、番組にはさんまと親交の深い浅田美代子が出演し、「愚かだなと思う男の言動」というテーマで、…

つづきを見る

狩野英孝が『嵐』への愛を歌に…「今までで1番共感した」とファン感激

ピン芸人の狩野英孝が、7月7日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に出演。替え歌を披露しながら、現在活動休止中の『嵐』への愛を口にし、多くのファンが反応している。 この日もギターを抱えて弾き語りを披露。『WANDS』の『世界が終るまでは…』をアレンジしたEIKOこと狩野は、「言霊を信じて僕が、みんなが抱…

つづきを見る

『さんま御殿』滝沢カレンが“日常のウソ”を告白「めっちゃわかる」

タレントの滝沢カレンが7月5日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。日常的にウソをついていることを明かしたが、視聴者からは「わかる」と共感が集まっている。 「私が密かに戦っている事」とのトークテーマで、滝沢は「エレベーターで一緒に乗ることを避けることに戦っている」と明かした。 明石家さんまが「分からんで…

つづきを見る

お中元&年賀状は前時代的? 上沼恵美子のお中元をやめた理由に共感

西の女帝ことタレントの上沼恵美子が、6月13日に放送された『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で、昨年からお中元をやめたことを告白。その理由に共感の声が相次いでいる。 お中元と言えば、お世話になった人に日頃の感謝を込めてギフトを贈る習慣。 そんなお中元の季節が近付いてきたということで、サブパーソナリティーのお笑い…

つづきを見る

「めっちゃ吐き気がくる」山之内すず“若者のカリスマ”らしからぬ悩みを吐露

タレントの山之内すずが、6月1日放送のトークバラエティ番組『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演。店舗で洋服を買わない理由を明かしたが、視聴者の間で疑問の声が広がっている。 この日、山之内は〝人の目気にしすぎ芸能人〟として登場。 「たくさん出演者がいる番組に出た時とか、色んな人の目に触れる機会がある日は、家に…

つづきを見る

大久保佳代子が“関西ノリ”を痛烈ディス!「しんどいんですよ」に共感殺到

関西人のとある特徴を『オアシズ』の大久保佳代子が痛烈ディス。ネット上で喝采を浴びている。 5月30日、関西ローカルのバラエティー『痛快!明石家電視台』(毎日放送)で、関西の不思議に迫る「関西なんでやEXPO」が放送された。 ゲストとして出演した大久保は、関西のさまざまな風習や特徴に疑問を述べる中、「関西人に対して常々『…

つづきを見る

松本人志に新たな名言! おやじギャグの定義に絶賛「かつてないほどの分析」

5月29日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『ダウンタウン』松本人志がおやじギャグの存在そのものを否定。その理由に「感激した!」と心打たれる視聴者が続出している。 この日は、沖縄県の玉城デニー知事が25日の米軍基地問題に関する有識者会議の冒頭で、「ゼレンスキーです」と挨拶した件を特集。 批判が殺到すると玉城知…

つづきを見る