内閣

衆院選目前で発覚した野田聖子大臣のスキャンダル

9月21日発売の『週刊文春』誌上で、自民党の野田聖子総務相の夫である野田文信氏(旧姓・木村)が“元暴力団組員”だったと報じられている。文信氏はかつて京都の指定暴力団『会津小鉄会』傘下の『昌山組』に所属していた幹部組員で、不正に取得したドメイン名で大量の出会い系サイトの広告メールを送ったとして、有線電気通信法違反や私文書…

つづきを見る

菅義偉内閣官房長官が「自分で書いた本の内容」忘れる失態を犯す

安倍晋三内閣の“屋台骨”ともいわれている菅義偉官房長官。安倍首相の支持者からは“安定のガースー”と評されているが、加計学園問題の対応では「“ガースー”と呼ばれていることは知っているが、現在は不安定だと指摘されている」と自虐するくらいに追い込まれている。 東京新聞の女性記者に「噂や推測に基づいて申し上げるのは失礼だ」と激…

つづきを見る

小泉純一郎首相に弓引いた「造反組」野田聖子議員が入閣した理由

かつて郵政民営化に反対したことから自民党を離党し、2006年在任時の安倍晋三首相の意向により“造反組”の復党が実施されたことで自民党に戻った野田聖子衆議院議員が、今回の組閣で総務大臣に起用された。 「野田さんは2年前の総裁選で安倍首相が無投票で再選した際、首相の対抗馬として立候補を模索したことがありました。その際に推薦…

つづきを見る

安倍晋三首相と加計学園の関係「文春砲」にトドメを刺される

8月3日に内閣改造を行った安倍晋三内閣の改造当日に発売された『週刊文春』に、加計学園の公職選挙法違反の記事が掲載された。 記事によると、加計学園が経営する岡山理科大学、倉敷芸術科学大学および千葉科学大学に所属する事務職員が、2009年8月に行われた総選挙において、安倍首相の選挙区に応援として派遣されたという。 2009…

つづきを見る

永田町で飛び交う大阪・橋下市長12月任期満了後に東京五輪担当相就任

第3次安倍内閣が10月7日に発足した。しかし、永田町界隈では“隠し球”人事に早くも関心が集まっている。12月以降、新たに橋下徹大阪市長の電撃入閣が俄かに囁かれているのだ。 「今回の内閣改造の話題といえば、丸川珠代環境相と馳浩文科相くらいで地味。それより安倍首相と昵懇の仲の橋下市長が退任する12月後に、留任した遠藤利明五…

つづきを見る