北の湖敏満

北の湖理事長が3カ月間姿を見せなかった「本当の病の姿」

11月20日午後6時55分、元横綱で日本相撲協会の北の湖理事長が直腸がん多臓器不全で福岡市内で死去した。62歳だった。 このところ、北の湖理事長の体調の悪化は心配されていた。 今場所もまた体調不良を訴え、初日前日の土俵祭りや初日の協会あいさつを相次いで欠席。協会でNo.2の八角親方(元横綱北勝海)が代役を務めた。 北の…

つづきを見る