北村有起哉

役所広司『すばらしき世界』舞台あいさつで語った差別と偏見のない世界

2月11日、映画『すばらしき世界』の初日舞台あいさつが都内で開催。俳優の役所広司、仲野太賀、六角精児、北村有起哉、そして西川美和監督が登壇した。 同作は、直木賞作家・佐木隆三氏の90年のノンフィクション小説『身分帳』の時代設定を現代に置き換え、「社会」と「人間」をテーマにしたヒューマンドラマ。人生の大半を刑務所で過ごし…

つづきを見る