北条裕子

佐村河内守、佐野研二郎… 平成の“大ペテン師”とその後…

モデルで銭湯絵師の勝海麻衣氏が、3月24日の製薬会社のライブアートイベントで盗作疑惑が浮上し、大問題へと発展した。ネット社会の現在では、このようにどこからともなく〝パクリ〟がバレやすくなる。 〝パクリ〟によって身を滅ぼした「平成のペテン師」を紹介しよう。 まず勝海氏に戻るが、2012年にイラストレーターの〝猫将軍〟が描…

つづきを見る

芥川賞が大ピンチ!受賞候補作に「パクリ疑惑」が噴出

純文学の新人小説家に与えられる芥川龍之介賞、通称『芥川賞』。古くは石原慎太郎や大江健三郎、村上龍らが受賞し、これを機に大躍進を遂げている。2015年には、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でお笑いコンビ『ピース』の又吉直樹が『火花』で受賞し、大きな話題となったことは記憶に新しい。 そんな、無名作家が著名作家の仲…

つづきを見る