危険生物

害虫パニック!「外来カミキリムシ」今なら駆除1匹で500円

中国やベトナムなどが原産のカミキリムシ「クビアカツヤカミキリ」(体長20ミリ~40ミリ)が日本に侵入し、これまでに東京、群馬、栃木、埼玉、愛知、大阪、徳島の7都府県に生息域が拡大していることが分かった。 クビアカが国内で初めて確認されたのは2012年の愛知県だが、森林総合研究所(つくば市)は、被害の出た桜や農園の桃の木…

つづきを見る

ヒアリだけじゃない!この夏に気を付けたい「危険外来生物」

今年5月、大阪府八尾市の民家で中国製家電製品の段ボール箱から南米原産の強毒アリ『ヒアリ』の1匹の死骸が見つかった。今年初の国内でのヒアリの確認であるとともに、民家での発見も初めてだった。 見つかったヒアリは体長7~8ミリメートルの女王アリで、八尾市の小売店で販売された商品の箱を購入者が開けた際、死骸を見つけ、輸入業者を…

つづきを見る