原泰久

小島瑠璃子の“破局トーク”に批判殺到「子どもがかわいそう」「誰も得しない」

タレントの小島瑠璃子が、7月27日深夜放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)に出演。収録時においては初めてとなる、漫画『キングダム』作者・原泰久氏との破局を公言した。 すでに各メディアで話題となっている小島の破局だが、番組収録時はまだ公になっていない状態。小島はトーク内で「キングダムの人とは結婚するんですか?」と聞かれ…

つづきを見る

小島瑠璃子“フラれた”腹いせ!? ヤケクソの暴露に「負け犬の遠吠え」

大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と交際していたタレントの小島瑠璃子。6月28日に2人の破局が報じられ、さらに7月6日深夜放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)では小島の口からも破局について語られた。しかも小島が〝暴露トーク〟を展開し、視聴者からさまざまな憶測が飛び交っている。 この日の放送は番組MC・長谷川京…

つづきを見る

小島瑠璃子“好感度”回復は絶望的? 破局も略奪愛イメージ消えず…

タレント・小島瑠璃子が、人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と〝破局〟したと報じられ、話題になっている。 破局の原因は福岡を拠点とする原氏との遠距離恋愛による〝すれ違い〟だという。周囲の話では、コロナ禍の中でお互いに会う機会が激減し、19歳という年齢差からくる価値観の違いなどもあり、お互いに別れを選択したようだ。 「…

つづきを見る

小島瑠璃子が破局!? 不自然な恋愛トークに違和感「キングダムはどうしたの?」

異色のカップルとして世間を賑わせたタレント・小島瑠璃子と漫画『キングダム』の作者・原泰久氏。しかし、6月23日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に小島が出演したことで、2人の〝破局疑惑〟が浮上したようだ。 この日の番組は小島と人気お笑いコンビ『ニューヨーク』をゲストに迎え、「芸能界の理想とリアルな現実SP!」…

つづきを見る

小島瑠璃子の「同棲より早く結婚」発言に総ツッコミ!「焦ってますね~」

タレントの小島瑠璃子が、9月5日に放送されたラジオ番組『さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!』(ニッポン放送)で、結婚前の同棲について自身の思いを語った。 結婚前に何年も同棲していると新婚要素が薄いという話題が出ると、小島は「何回も聞いたことがある。本当にそうなのかって思ってました。だから私はそんなに長…

つづきを見る

小島瑠璃子が大ピンチ…和田アキ子への“報告忘れ”が致命傷になるかも!?

『キングダム』で知られる漫画家・原泰久氏との交際を発表し、幸せの絶頂にいたタレントの小島瑠璃子だが、原氏は今年3月に離婚したばかりであることが発覚。そのため〝略奪愛疑惑〟が持ち上がってしまった。 さらに、浮かれ過ぎたのか、同じ事務所の大先輩・和田アキ子に報告することも忘れる始末。和田は不快感を表明しており、こちらも尾を…

つづきを見る

小島瑠璃子の“疑惑”に拍車!『キングダム』作者の離婚報告に嫌悪の声

タレントの小島瑠璃子との交際が発覚した人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏が9月3日、自身のツイッターを更新。今年3月に離婚していたことを報告した。 原氏は、《このたびは私事で読者の皆様、関係者の皆様、お騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。一部週刊誌にありましたように、私は今年3月に離婚致しました》と、謝罪し…

つづきを見る

小島瑠璃子“イチャイチャスクープ写真”に呆れ声「誰へのアピールなの?」

人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との熱愛が発覚した〝こじるり〟ことタレントの小島瑠璃子。8月27日付の『NEWSポストセブン』にて、ラブラブ映画館デートの様子が報道されたのだが、小島の〝イチャつき〟ぶりにツッコミを入れる声が上がっている。 8月初旬に熱愛が発覚した後、小島は自身が出演するラジオ番組で交際を認め、さ…

つづきを見る

小島瑠璃子の“不倫イジリ”に怒り声「お前が言うな」「ポストベッキー」

大人気漫画『キングダム』作者・原泰久氏との不倫疑惑が浮上しているタレントの小島瑠璃子が、〝不倫ネタ〟で他人をイジり、視聴者の批判を浴びてしまった。 小島は、8月27日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)2時間SPに出演。新企画「芸能人シルエットクイズ!」で、シルエットで映し出された有名人が誰なのかを当てて…

つづきを見る

小島瑠璃子“筋トレ批判”の真相マジか!? あまりにもコワ過ぎる…

実写化もした大人気漫画『キングダム』作者との不倫疑惑で揺れているタレント・小島瑠璃子に、新たな疑惑が浮上した。かつて炎上した〝筋トレ民あおり〟の背景に、同氏を巡る泥沼の嫉妬関係があったというのだ。 「こじるり」の愛称や明るいキャラクターから来る高い好感度で、CM契約を多く抱えていた小島。しかし今月初旬、『週刊ポスト』で…

つづきを見る