又吉直樹

ピース・綾部祐二ついに渡米も又吉直樹に「仕送り」要求!?

芥川賞作家でお笑いコンビ『ピース』の又吉直樹が、今年12月26日に放送されるドラマ『許さないという暴力について考えろ』(NHK)で脚本家に初挑戦する。 このドラマは東京の渋谷を舞台にした作品で、又吉はかつて渋谷のライブハウスに出演してお笑いの腕を磨いており、自分や周囲の姿を投影した物語になりそうだ。 「又吉は、相方の綾…

つづきを見る

「ピース」綾部のニューヨーク移住計画を見る相方の又吉と芸人仲間の心境は?

お笑いコンビ『ピース』の綾部祐二(38)が、来年4月からアメリカに移住する。会見を開いて大々的に発表したこともあり、注目を集めた。 この発表を受けて、芥川賞作家となった相方の又吉直樹(36)との不仲や、コンビの両者の格差から現実逃避するためか、などと報じられている。 綾部の周囲の人間からは、綾部は日本のコメディアンとし…

つづきを見る

芥川賞受賞作「火花」劇場版の板尾創路監督決定情報に「大コケ必至」の声

ピースの又吉直樹(35)の芥川賞受賞作小説『火花』の劇場版の監督が、お笑いタレントの板尾創路(52)に決定したとの情報が流れ、映画関係者を唖然とさせている。 人気小説の映像化でヒットした例といえば、近年では『ビリギャル』が記憶に新しい。映画がヒットすれば原作本も売れるという相乗効果が期待できるが、実は2015年の年間書…

つづきを見る

格差逆転で…お笑いコンビ「ピース」に解散説浮上

やっぱりと言うべきか…。芸能界に飛び交っているのが人気お笑いコンビ『ピース』の解散説だ。 又吉直樹(35)が書き下ろした処女小説『火花』が第153回芥川賞を受賞し、仕事が激増したことで相方の綾部祐二(37)との関係がギクシャクし始めているのだ。 「かつてピースといえば、綾部のことを意味していた。でも、最近は180度違う…

つづきを見る