古代ロマン

古代ギリシャに「ノートパソコン」その裏にあった悲しい物語!?

まずはこの動画を見て頂こう。これはアメリカのカリフォルニア州にある『J・ポール・ゲティ美術館』に展示されている『古代ギリシャ』の遺跡から出土したレリーフ(浮き彫り細工)だが、赤丸の部分をよく見ると主人と思われる女性に向け、召使いと思われる少女が『ノートパソコン』らしき物を開き、中身を確認させているではないか! しかもご…

つづきを見る

『宇宙人グレイ』の先祖?メキシコで発見された「奇妙な石版」の正体

これは2017年、メキシコ南部に位置する“とある洞窟“でトレジャーハンターのグループが偶然発見したヒスイの石版の動画だが、驚くべきことにこの石版には『宇宙人グレイ』にソックリの邪悪な『エイリアン』の姿が彫り込まれていたのだ! しかもメキシコ南部は紀元前2000年頃から数千年栄えた『古代マヤ文明』の支配地域で、彫刻を施さ…

つづきを見る

『進撃の巨人』を発見?有名博物館が隠蔽してきた「不都合な真実」

北アメリカ大陸にはかつて『巨人』が住んでいたという伝説がある。例えば16世紀初頭、北アメリカで最初に『入植』(新しい土地に住み着く事)したヨーロッパ人達は、数千にも及ぶ『墳丘』(盛土の墓)を発見、その地下からは“体長4m“に及ぶ巨人の骨格を多数発掘し、周辺の集落で生きている巨人族とも「言葉を交わした」と記録されているの…

つづきを見る

古代の先進技術『ローマン・コンクリート』と未完成ロマンス

『ローマン・コンクリート』をご存知だろうか? 別名『古代コンクリート』とも呼ばれるが『古代ローマ人』(紀元前8世紀~5世紀)が巨大建築物を建造する時に好んで使ったとされ、イタリア:ローマの世界的観光名所『コロッセオ』や、傑作漫画『テルマエ・ロマエ』の中に出てくるような『ローマ浴場』の多くは、このローマン・コンクリートで…

つづきを見る

宇宙人の影響か?古代の奇習「長頭人」頭蓋変形の驚きの秘密

『長頭人』とは上記の写真のように“人為的に頭を長くすること“を、ごく日常的に行っていた人々の事を指す。この奇妙な風習は、なんと紀元前2000年頃から20世紀の初めまで行われ、実際に古代の墳墓からは長頭の頭蓋骨が多数発見されているのだ。   長頭にする方法はこうだ。残酷なようだが、まず生まれたばかりの“柔らかい赤ん坊の側…

つづきを見る

『火星』に古代文明の痕跡?「奇妙なナイフ」から解き明かされる真実

火星に原始人による古代文明の痕跡が発見されたと話題になっている。 これは『火星』の探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきた画像を無加工のまま、『NASA』(アメリカ航空宇宙局)が公式ホームページで掲載しているものだが、右上の白い矢印の部分を見て頂こう。なんと『折りたたみナイフ』そっくりの物体が写っているではないか…

つづきを見る

アトランティスの末裔?スペインで目撃された「菱形UFO」の悲しい物語

この奇妙な形をしたUFOはスペイン上空を飛行中の旅客機の窓から、機体の下に広がる雲海を撮影していた時、偶然映り込んだという。少し拡大してみよう。 撮影者によればUFOは菱形でシルバーに輝く平らな機体を縦にゆっくりと上昇させ、やがて方向を変えると薄い機体側面を見せつつ、わずか20秒ほどで飛び去ったらしい。 そしてこの動画…

つづきを見る

『巨大ドラゴン』化石!? アフリカの砂漠で発見された謎とは!

こちらはアフリカ北西部の国『モーリタニア』で偶然『グーグルマップ』が捉えた正体不明の物体だ。全長を計ってみると約10㎞もあり、今年の3月にイギリスのタブロイド紙『Daily Star』(ネット版)が「※古代に生息した巨大ドラゴンの化石ではないか?」としてスクープし、大きな注目を集めた。 上半身を拡大してみると鼻先が上向…

つづきを見る

河童や半魚人の祖先か?異端の「アクア説(水生類人猿)」を独自に推理する

なぜ我々は他の霊長類と比べて、体毛が極端に薄く、2本足で常時歩けるのか? なぜ指の付け根に“水かき“を持つ人がいるのか? 「それは人類が進化の途中で、水中に居たからだ」とする奇抜な人類進化論『アクア説』が、いま大きな注目を集めている。 この説は1942年ドイツの解剖学者が『水生類人猿説』として最初に提唱したが、当時の学…

つづきを見る

殲滅兵器の名残か?『2つの偶然』に隠された超古代文明の戦争

アフリカ大陸の突端にある『南アフリカ共和国』では何故か猿人の化石が集中して大量に発見され、別名『人類のゆりかご』とも呼ばれる人類進化上、重要な遺跡群が数多く存在する。そしてもう1つ、この場所では、とても現実とは思えないことが2度も起こっている。 なんと人類のゆりかごの近くには20億年前と1億4500万年前に「2つの巨大…

つづきを見る