吉岡里帆

吉岡里帆“布面積”は過去最小!? 最後の写真集が期待大な理由

男性受けナンバーワンの女性俳優・吉岡里帆が、〝最後の打ち上げ花火〟を上げるという。 吉岡は年明け1月15日、30歳の誕生日に写真集を出版予定。今作はデビュー10周年の節目であるほか、これが最後の写真集とも銘打たれており、その内容に注目が集まっている。 「清純名女優のように見せかけていますが、吉岡は雑誌の水着グラビアで、…

つづきを見る

EXIT兼近“ガン無視”した大人気女優を暴露「怖すぎる」「切ない…」

お笑いコンビ『EXIT』の兼近大樹が、11月10日に放送された『トークィーンズ』(フジテレビ系)に出演。好き過ぎるがあまり、ガン無視してしまった女優の名を挙げたものの、視聴者は「怖すぎる」と戦慄している。 兼近は相方のりんたろー。とともにゲスト出演。朝日奈央が別々に事前インタビューを行った。 朝日は好きな女性のタイプを…

つづきを見る

吉岡里帆に“どんぎつね”復帰待望論! アニメCMが不評「実写に戻してくれ」

俳優・吉岡里帆の可愛らしいキャラクターが大好評だった『日清のどん兵衛』のテレビCMシリーズ。現在はアニメバージョンのCMへと生まれ変わったのだが、一部からは不評のようで、吉岡の復帰を願う声が続出している。 吉岡演じる〝どんぎつね〟と、星野源が務めるメガネの青年のほっこりする掛け合いが大人気だった同商品のCM。今年9月か…

つづきを見る

主演級女優・小芝風花が“脇役”をOKした理由…剛力彩芽の失敗を反省か

現在放送されている清原果耶の主演ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(日本テレビ系)で、小芝風花が脇役として出演していることが話題になっている。 主人公は、犯人が視える能力を持つ霊媒師・城塚翡翠(清原)。そして2番手ポジションが、推理作家・香月史郎(瀬戸康史)。 小芝が演じている翡翠のアシスタント・千和崎真は、今のところ4、5…

つづきを見る

藤田ニコルの“NG仕事”が意外? 人気芸能人たちのタブーとは…

貪欲に何でもこなす者がいる一方、仕事に関して〝NG〟を指定している者も多い芸能界。中には、日頃のイメージからは意外な、思わぬNGを公言しているタレントも存在している。供給過多なお笑い界において、NGなしに何でもこなすのはブレークへの第一歩だ。 押しも押されもせぬ売れっ子『EXIT』兼近大樹も、イケメンながらテレビで全裸…

つづきを見る

吉岡里帆のCM共演者が謎過ぎる…格差キャスティングに「すごい飛躍だな」

恵まれたスタイルと透明感のあるルックスで、〝鬼に金棒〟な魅力を持つ女優・吉岡里帆。今や大物と言っても過言ではなくなった彼女が、意味不明な人物と共演して話題を集めている。 吉岡は韓国の焼酎『JINRO』の新CMに出演。10月12日から全国で放送されており、これがアルコール製品で初のCM出演となった。 謎を呼んでいるのは、…

つづきを見る

吉岡里帆“胸元全開ドレス”に恥じらい…「隠してるの可愛すぎない?」

アメリカのアクセサリーブランド『ティファニー』のイベントに、俳優の吉岡里帆が登場。純白のドレスで現れたが、あまりにも〝セクシー〟だったため、ネット上で大反響を呼んでいるようだ。 「ティファニー」が、年に一度発表している最高峰のジュエリーコレクション『ブルー ブック』。 その最新作である『ブルー ブック 2022:ボタニ…

つづきを見る

吉岡里帆『ハケンアニメ!』は爆死じゃなった!? 口コミ人気で復活の兆し

公開初週から爆死したことで話題を呼んだ、俳優・吉岡里帆の主演映画『ハケンアニメ!』。一時は上映館数の減少、公開期間の短縮といった危機に立たされていたようだが、なんと、ここにきて巻き返しているという。 同作は主人公の斎藤瞳(吉岡)が、アニメの制作現場を通じて成長する過程を描いた物語。『国内映画ランキング』(興行通信社調べ…

つづきを見る

吉岡里帆“どんぎつね”はどこへ!? 公式サイトから抹消されて憶測飛び交う

俳優の吉岡里帆と星野源が主演を務めて人気を博してきた、日清食品のカップ麺『どん兵衛』のテレビCMシリーズ。しかし公式サイトから紹介ページが消え、ネット上でさまざまな憶測が飛び交っている。 「どん兵衛」のCMは、どんぎつねと星野さんが織りなすハートフルなストーリー展開が話題に。約4年間という長きにわたる放送で反響を呼び、…

つづきを見る

吉岡里帆の映画『ハケンアニメ』大爆死! 初週トップ10入り逃す始末…

俳優・吉岡里帆の主演映画『ハケンアニメ!』が5月20日から公開スタート。大人気小説の実写映画化ということで、公開前から大きな注目を集めていたが、残念ながら爆死してしまったようだ。 映画「ハケンアニメ!」は、連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で監督デビューを果たした主人公・斎藤瞳(吉岡)が、制作現場を通じて個性豊かな同…

つづきを見る