吉永小百合

「日本のセックスシンボル」ランキングの予想外のメンバーとは?

某週刊誌が『ニッポンのセックスシンボル』というランキングを発表し、物議を醸している。 このランキングは、週刊誌の読者1000人を対象に、最大3人まで回答が可能というアンケートを基に作成されているという。 アンケートで1位になったのは壇蜜だった。グラビアだけでなくコメンテーターとしても活躍し、妖艶な雰囲気が魅力で人気だ。…

つづきを見る

吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな意見

3月10日に女優の吉永小百合が主演する映画『北の桜守』の初日舞台挨拶に登壇した。本作は『北の零年』『北のカナリアたち』に続く“北の3部作”の最終章にあたり、吉永にとっても通算120本目の出演映画とあって、配給元の東映もプロモーションにかなり力を入れている。 実際、吉永は公開に先立って北海道から九州に至るまで、全国でキャ…

つづきを見る

吉永小百合73歳のなりふり構わぬ「汚れ役」に要注目の映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『北の桜守』 配給/東映 丸の内TOEIほかにて3月10日から全国公開 監督/滝田洋二郎 出演/吉永小百合、堺雅人、篠原涼子、阿部寛、岸部一徳ほか この3月13日で73歳になる吉永小百合。日本映画の現役第一線の大女優であることに異論はあるまい。かつて“サユリスト”という言葉が生まれたほど、…

つづきを見る

吉永小百合の120本目の映画出演で分かったギャラ

吉永小百合の120作目の映画となる『北の桜守』(来年春公開)がクランクインしたと報道された。同映画は北海道で生きる人々を描いた映画『北の零年』(2005年)、『北のカナリアたち』(2012年)に続く、“北の三部作”の最終章。今回の吉永の相手役は俳優の堺雅人だ。 「近年の吉永映画は家族愛、人間愛に対するメッセージ色が強い…

つづきを見る

吉永小百合主演の映画「母と暮せば」が苦戦中

「また吉永小百合のインタビュー記事が載っている」、「え、吉永小百合がバラエティー番組の『嵐にしやがれ』に出ているよ」 異常なほどのマスコミ露出が話題となった吉永小百合(70)。 それもこれも主演した映画『母と暮せば』を大ヒットさせるためだったが、その甲斐むなしく苦戦中。目指している数字までは届かないようだ。 「製作した…

つづきを見る