名所

引退する「7000形」に乗って都電荒川線沿線の旅はいかが?

1964年の東京五輪開催時には、全長200キロで39系統が走っていた東京都電。現在は唯一『都電荒川線』(三ノ輪橋-早稲田12.2キロ)のみが残っている。 その主力車両で、“チンチン電車”の面影を残す7000形がついに引退することになった。7000形は都電全盛期の1954年にデビュー、荒川線では31両が活躍していた。最後…

つづきを見る

Print

SMAP解散による「聖地巡礼」で再びスポットを浴びている場所

昨年末に『SMAP』が解散したことで“スマロス”に陥ったファンは多いようだ。 映画やアニメなどの舞台になった場所に、実際にファンが訪れることを“聖地巡礼”と呼んでいるが、最近では、SMAPファンによる聖地巡礼ブームが起きているという。 「昨年大みそかに中居正広、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、森且行が極秘集結した六本木の高…

つづきを見る

昭和が色濃く残る、新宿三大繁華街・荒木町で話題の「スナック」とは

2020年東京オリンピックが開催されるにあたって『荒木町』(東京都新宿区)が注目されている。 荒木町といってもピンとこない人も多いはず。 地元関係者は「荒木町は不夜城の歌舞伎町、花街の神楽坂と並ぶ『新宿三大繁華街』のうちの一つなんです。江戸時代には美濃高須藩の殿様だった松平家の上屋敷があり、最後の会津藩主である松平容保…

つづきを見る

東京から続々消えゆく昭和を彩った“××聖地”を歩く

この秋、東京では数々の“聖地”が消滅しようとしている。 まずは8月いっぱいで閉館した港区虎ノ門の『ホテルオークラ(本館)』。ジョン・レノン、マイケル・ジャクソン、ダイアナ妃、レーガン&オバマ米大統領など世界のVIPが滞在したまさに日本を代表するホテルだった。閉館・解体が発表されると日本人だけでなく、世界中の利用客からも…

つづきを見る