唐田えりか

福原愛のイメージ失墜! 不倫報道で転落人生を歩む芸能人たちの今

昨今、芸能人や政治家をはじめ、数多くの有名人が不倫を暴かれ、世間を賑わせている。現在はどんな心境で活動を続けているのか、特に話題となった人物を何人かピックアップしていこう。 まずは、元卓球選手の福原愛。福原は、今年3月に『NEWSポストセブン』に、横浜中華街での〝お泊まり不倫〟を報じられ、ファンをザワつかせていた。 こ…

つづきを見る

東出昌大の映画主演に批判も…唐田えりかとの“復帰格差”クッキリ

俳優の東出昌大が、今秋公開予定の映画『草の響き』で主演を務めると発表され、ネットでは賛否の声があがっている。 同映画は、1990年に41歳で亡くなった小説家・佐藤泰志さんの同名小説の実写化。東出の映画主演は18年の『寝ても覚めても』以来、3年ぶりだ。東出はメディアの取材に、《心を病んだ男がそれでも毎日走る理由は、きっと…

つづきを見る

唐田えりか“復帰仕事”が意味深すぎる「よりによって…」「連想するわ」

女優の唐田えりかが、12月19日発売の月刊誌『日本カメラ1月号』で新連載をスタートさせたことがわかった。会見なども開かず〝ぬるっ〟と復帰したことはもちろん、復帰の場が〝写真〟であることに対しても世間からは冷ややかな声が続出している。 唐田といえば、今年1月、映画『寝ても覚めても』で共演した俳優の東出昌大との3年間にわた…

つづきを見る

唐田えりかのショートカットにツッコミ「ゆりやんレトリィバァに似てる」

芸能活動を自粛していた女優・唐田えりかが、カメラ月刊誌『日本カメラ』2021年1月号で、新連載をスタート。自粛していた活動を再開させた。 唐田は今年1月に俳優・東出昌大との不倫が発覚。当時、出演中だった連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)の出演を自粛した。その後は目立った芸能活動はなく、雲隠れを決め…

つづきを見る

雲隠れ女優・唐田えりかの“マスク姿”に大反響「おしゃれすぎない…?」

10月5日配信の『NEWSポストセブン』に、女優・唐田えりかの近影が掲載された。ばっさりと切ったショートヘアー姿が話題になるなか、唐田が着用していた〝かわいいマスク〟に注目が集まっている。 俳優・東出昌大と不倫発覚以後、完全に雲隠れしている唐田。同記事によると、発覚直後こそ大きなバッシングに悩まされていたものの、現在は…

つづきを見る

唐田えりか“シレっと復帰”をモーレツ後押しする田中みな実の事務所移籍

俳優・東出昌大との不倫発覚後、〝雲隠れ中〟の女優・唐田えりかが、近々、芸能活動を再開するのではないかと、関係者の間でウワサされている。 唐田は、不倫が明るみになったことで、出演中だった連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)を降板。また、ドラマ『100文字アイデアをドラマにした!』(テレビ東京系)での主…

つづきを見る

唐田えりか『凪のお暇』登場のウラで…“土曜夕方”に不倫女優が集結!

各テレビ局にて、さまざまな番組の再放送や総集編などが放送される土曜日の夕方。5月16日の土曜日にも各局でドラマや映画の再放送が流されたのだが、同日の各番組では〝ある共通点〟を持った出演者が登場することに。奇跡のようなシンクロニシティに、ネット上が大いにザワついたようだ。 早速、今回起こった〝プチ奇跡〟を順に説明していこ…

つづきを見る

Mattが“唐田エリカ”ネタをブッコんで驚きの声「よく話せたなw」

俳優・東出昌大との泥沼不倫騒動が明るみとなって以降、表舞台から姿を消している女優の唐田えりか。そんな唐田が、4月21日放送の特番『超踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で話題になり、視聴者から驚きの声が上がった。 唐田が話題になったのは、各分野の2世タレントが集まってトークを繰り広げた「2世ブロック」でのこと。同ブロ…

つづきを見る

東出昌大“謝罪会見”大失態!「唐田さんは好き?」の質問に固まって…

俳優の東出昌大が、3月17日に行われた映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』の公開直前イベントへ登場。イベント終了後、囲み取材に応じ、女優・唐田えりかとの不倫騒動を謝罪した。 東出が公の場に姿を現したのは、今年1月に行われたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の完成披露試写会以来63日…

つづきを見る

東出&唐田“きっかけ映画”『寝ても覚めても』放送でWOWOW加入者大爆増!

一部から〝稀代のゲス不倫野郎〟とののしられている俳優・東出昌大とそのお相手、女優・唐田えりかが共演している映画『寝ても覚めても』が、来る2月19日、WOWOWで放送されることが分かった。 同映画は小説家・柴崎友香氏の長編恋愛小説が原作で、2018年、濱口竜介監督により映画化。同年の「第92回キネマ旬報ベスト・テン」では…

つづきを見る