報道ステーション

『報ステ』リニューアルで大爆死! 新キャスターに辛辣声「ひたすら地味」

10月からメインキャスターを入れ替え、番組リニューアルを図った情報番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)。真面目な視聴者からは好評を博しているが、数字的には〝改編失敗〟と言わざるを得ない状況が続いている。 番組はこれまで富川悠太アナ・小木逸平アナが交代でキャスターを務めていたが、10月から元NHK政治部記者のジャーナ…

つづきを見る

『報ステ』“迷言”誕生!「小泉進次郎は坂本龍馬」発言に視聴者呆れ…

9月6日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)では、自民党総裁選について報道。そこでコメンテーターが、小泉進次郎環境相を幕末の豪傑・坂本龍馬に例える一幕があり、ネット上で大きな話題を呼んでいる。 「ポスト菅義偉」を巡り、激化している自民党総裁選。この日の番組でもジャーナリストの後藤謙次氏を交え、総裁候補について掘り…

つづきを見る

『報ステ』“テロップミス”に猛ツッコミ「声出して笑った」

9月1日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、番組サイドがテロップミスを犯して視聴者からツッコミが続出している。 放送が始まるなり、「まずは速報からお伝えします」と小木逸平アナウンサーがニュースを読み上げる。新型コロナワクチンに異物が混入していた問題で、異物が製造機器のステンレス片だったことが分かったと伝えた。…

つづきを見る

大谷翔平は“規格外”すぎる? ダルビッシュ有の予想を超える怪物っぷり

メジャーリーガーの大谷翔平が、シーズン本塁打の自己最多記録を更新。この活躍は、同じメジャーリーガーも予想できないほどのようだ。 大谷は日本時間の6月20日、メジャー1年目の自己最多と並ぶ22号本塁打を記録。前日の試合では1試合で20号、21号と2本のホームランを放っている。さらに日本時間の6月21日には、本拠地での試合…

つづきを見る

『報ステ』放送事故!? 織田信成が生放送で大号泣「涙もろいってレベルじゃない」

4月16日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)に、フィギュアスケーターの織田信成が出演。スポーツコーナーで『世界フィギュアスケート国別対抗戦2021』の中継に登場したのだが、彼のあまりの号泣っぷりが〝放送事故〟だと話題になっている。 大会現地のインタビュールームで、コロナ渦での選手たちの苦労について解説していた織…

つづきを見る

テレビ朝日の信頼がゼロに!『サンデーLIVE!!』スタッフのコロナ感染に猛批判

4月6日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)では、テレビ朝日のスタッフが新型コロナウイルスに感染したことについて報道。番組内でMCの羽鳥慎一や同局の玉川徹氏が苦言を呈していたのだが、ネット上では批判が殺到している。 緊急事態宣言が明けたものの、未だ予断を許さない状況が続いている新型コロナウイルスの感染拡…

つづきを見る

『報道ステーション』CMが炎上! ジェンダー平等に噛みつく自称フェミニスト

報道番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のウェブCMが3月22日に公開され、ネット上で物議を醸している。 番組の公式ツイッターでは、《【報ステ WEB用CM作りました】『より深く、よりカラフルに』今後とも #報ステ を何卒よろしくお願いします》と告知。15秒と30秒の2バージョンのCMが公開されている(現在は削除済…

つづきを見る

テレビ朝日の“藤井風”ゴリ推しにファン危機感?「専属歌手にならないでほしい」

3月1日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)に、シンガーソングライターの藤井風が出演。当然ファンは大喜びしていたのだが、あまりの推されっぷりに心配になる人もいたようだ。 藤井はYouTubeなどでの活動を中心に知名度を上げ、確かな技術によるピアノ演奏と甘い歌声が若者の間で話題に。昨年は『Spotify』の『…

つづきを見る

小川彩佳に“老害”発言! 古舘伊知郎の余計な一言に「森喜朗と同じ」

フリーアナウンサー・小川彩佳の夫である豊田剛一郎氏の不倫を、2月3日付の『文春オンライン』が報じた問題。これに、『報道ステーション』(テレビ朝日系)で小川と共演していた古舘伊知郎がコメントした。 2月8日、古舘は自身のユーチューブチャンネル『古舘Ch』を更新。『報道ステーションでご一緒していた小川彩佳さんの思い出を語る…

つづきを見る

『報ステ』富川悠太アナに激怒! 菅首相に呑気な質問連発で「媚びまくり」

総理大臣の菅義偉氏が、1月8日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)に出演。コロナ対策を中心とするインタビューに応じたところ、聞き手役だった富川悠太アナウンサーの姿勢に批判が殺到した。 「報ステ」は生放送で行われているが、同インタビューは事前に収録されたもの。富川アナは冒頭で「お忙しいところありがとうございます」と…

つづきを見る