声優

セーラームーン声優・三石琴乃“ドラマ出演”で美貌が話題「普通に女優」

女優の北川景子が主演を務める4月期の新ドラマ『リコカツ』(TBS系)に、『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎ役や『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役など知られる声優の三石琴乃が出演することがわかった。ネット上では彼女の美貌に驚きの声があがっている。 出産後初の連ドラ出演となる北川。三石は北川が演じる水口咲の母親…

つづきを見る

芸能人声優はもう不要!?『今でしょ講座』に称賛「声優の神業を感じました」

2月23日放送の『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)では、『人気声優が大集結 声優はスゴいんだ! 今、声優でしょ! SP』と題した企画を放送。声優という職業をしっかりと掘り下げた内容に、視聴者からは絶賛の声があがっている。 番組には、声優界のキングオブキング・山寺宏一や、アニメ『進撃の巨人』の主人公を務める梶裕貴と…

つづきを見る

『Qさま』鬼滅声優の“共同任務”にファン歓喜!「ぎゆしので幸せだった」

2月22日放送の『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)に、ナレーションとして『鬼滅の刃』などに出演する人気声優が登場。しかも1人だけでなく2人も出演していたようで、ファンたちから歓喜の声が続出している。 今回の番組は「Qさま!! 超特別編」と題した3時間スペシャル。「経済評論家が選ぶ! アイディアが…

つづきを見る

『Mステ』声優のアフレコ企画でスタジオ凍る…タモリたちが“お通夜”状態

オタク以外も多く視聴するゴールデンの番組にて、声優・アニメ・漫画が特集された際、出演者やお茶の間が凍りつくのは〝あるある〟な光景。2月19日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)3時間SPでこの光景が繰り広げられ、視聴者を笑いの渦に巻き込んだようだ。 この日の特集テーマとなったのはラブソング。冒頭には…

つづきを見る

『Qさま』声優・飯田里穂の“おバカキャラ”にゲンナリ…「イライラする」

今年で30歳を迎える元グラビアアイドルの声優・飯田里穂が、2月1日放送の『Qさま!!』(テレビ朝日系)に出演。もはや何度目かという〝おバカキャラ〟を炸裂させ、視聴者の嘲笑を買ってしまった。 第1問、穴埋めになっている日本の名所をひらがなで答える問題が出されると、画面には湖の映像とともに「日本一大きい湖」とのヒントが。1…

つづきを見る

声優・久保ユリカに写真集発売を求める声「ぜひ再チャレンジしてほしい」

タレントで声優の久保ユリカが1月17日、自身のツイッターを更新。かつてのグラビア姿を想起させる投稿に、ファンが歓喜している。 久保は《#白く透明なお米を食べたい》というハッシュタグとともに、ニッコリ微笑む姿を披露した。 🎂🎉🍙#白く透明なお米を食べたい pic.twitter.com/k6yK7CRY8z &mdash…

つづきを見る

松坂桃李『スラムダンク』映画で風評被害に…「引っ込んでろ!」

『遊戯王』や『ファイナルファンタジー』を愛するイケメンオタク俳優・松坂桃李。彼がまたもや漫画に対する愛を爆発させたのだが、なぜか風評被害を食らう災難にあっている。 1月18日、松坂は自身の主演映画『あの頃。』の完成報告会に出席。同作でアイドルオタクを演じたことにかけて、自身の〝推し〟について聞かれた松坂は、名作バスケッ…

つづきを見る

LiSAを必死に擁護! アニメ界隈の有名人に甘いネット民のオタク魂

新年早々、大人気歌手のスキャンダルが報じられてしまった。 標的となったのは、アニメ『鬼滅の刃』の主題歌を歌ったことで、一躍大スターに登り詰めた歌手のLiSA。1月3日にウェブニュースサイト『デイリー新潮』が、LiSAの中学生時代の素行を大暴露した。記事によると、中学生の頃のLiSAは制服を超ミニスカートにしたうえ、ピア…

つづきを見る

『鬼滅の刃』は“声優の世代交代”にも貢献!「ベテランの扱いが泣ける」

劇場版の興行収入が300億円を突破するなど、社会現象を巻き起こしている『鬼滅の刃』。実は、メインキャストにベテラン声優が少なかったことから、声優ファンの間で〝世代交代成功〟を叫ぶ声があがっているようだ。 『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を演じたことで、一躍大人気となった声優・花江夏樹。彼の他にも同アニメには、多くの若手…

つづきを見る

本田翼の“棒演技”が炸裂! 地上波初放送『天気の子』のツッコミ所を振り返る

1月3日にテレビ朝日系で、新海誠監督作品『天気の子』の本編ノーカット版が地上波で初めて放送される。とはいえ同作は色々とツッコミ所が多く、『君の名は。』で新海監督を知った新規ファンの中には、戸惑う人も少なくなかった。今回は『天気の子』の放送に先立ち、映画のツッコミ所を振り返っていこう。 まずよく指摘されているのは、主人公…

つづきを見る