外食産業

店舗減少「クリスピー・クリーム」の反撃作戦

かつては“行列ができるドーナツ店”として人気があった『クリスピー・クリーム・ドーナツ』。最近は閉店が多く、店舗を見かけなくなってきたが、大丈夫なのだろうか。 「一昨年から今年にかけて全64店舗中、18店舗が閉店しました。10年前の2006年に日本へ上陸し、第1号店の新宿サザンテラス店の行列はテレビや雑誌などでおなじみで…

つづきを見る

「餃子女子」を狙った専門店がブームに

最近はますます“○○女子”という呼び名が目立つようになっている。この流れの一環から、餃子が好きな女性のことを『餃子女子』と呼ぶようになっているという。関連した本が出版され、ワインと一緒に餃子を楽しむ方法などが紹介されている。そして、東京都内では女性をターゲットにした餃子専門店が出現しているという。 今年になって、ワンコ…

つづきを見る

海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか?

森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。 1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、…

つづきを見る

Portrait of a good looking businessman having breakfast in his kitchen

ビジネスパーソンが昼食に利用し始めている「置き弁」って何?

ある食品メーカーが昨年1月に行った《ビジネスパーソンのランチに関する調査》(インターネットで400名が回答)によれば、《ランチタイムには食べるだけではなく自分の好きなことをしたい》との回答が76.8%にも達したことが分かった。昼休みに読書や英会話のリスニングをしている人は、いまも昔も少なくはない。なかには趣味のジョギン…

つづきを見る

マクドナルド45周年はファストフード業界に光を当てることができるか?

一昨年夏に起きた賞味期限切れの鶏肉使用が、その年の暮れにインターネットを通じて大きな騒動となったマクドナルド。 異物混入問題で業績が急降下し、2015年12月期の連結決算は最終損益が347億円の赤字という上場以来最悪の数字を記録した。 そのときには「このまま日本から撤退するのでは?」などとまで囁かれていたが、このたび捲…

つづきを見る

アピールポイントを生かせずにコンビニの台頭を許したミスドに復活の道はあるのか?

ドーナツチェーンの『ミスタードーナツ』は、清掃用品レンタル大手のダスキンが運営している。 そのダスキンの経営不振の煽りを受けて、ミスドにも危機が訪れている。 ここ数年のダスキンは、客離れが極めて緩やかであったため、利益がじりじりと減少しても原因に気付かなかった。しかし、2017年3月期第1四半期の連結決算営業利益で61…

つづきを見る

品質向上の著しいコンビニ商品と勝負!サイゼリヤがあえてスパゲッティ専門店を展開

ワンコインで利用できるメニューが多いため、学生らに人気のファミリーレストラン『サイゼリヤ』が、本格パスタ専門店『スパゲッティマリアーノ』を東京都心に続々と出店させる計画を打ち出している。 イタリアンとパスタ専門店という業態の重複が一部から懸念をされているが、このパスタ専門店はコンビニと外食の差を痛感したことから生まれた…

つづきを見る

サントリーがお荷物部門だった「ファーストキッチン」を売却した事情

ファーストフード業界の圧倒的王者だったマクドナルドの勢いが止まって久しい。 そんな王者なき業界で再起を図っているウェンディーズ・ジャパンが、6月1日にサントリーから業界第5位のファーストキッチン(FK)を買収すると発表した。一体、サントリーに何があったのか。 「FKは約18億円の債務超過状態にあるといわれます。売却額は…

つづきを見る

スターバックスが「アルコール」を提供する「実験店」をオープンさせた目的と営業理念

牛丼がメーンの商品である吉野家で、ビールや酒を楽しむ“吉呑み”や、ファストフード店などで軽くアルコールを楽しむことが最近は人気だ。 そして、先ごろコーヒーチェーン『スターバックス』丸の内新東京ビル店(東京・千代田区)でもアルコール販売が始まった。 この業態は、2010年に米国で始まり、昨年には英国でも始まった『スターバ…

つづきを見る

home made burgers

マクドナルドFCオーナーが激怒!「売れるほど赤字」で閉店ラッシュ

マクドナルドが断末魔の叫びを上げている。 “原価102円のハンバーガーを100円で売っている”という惨状が続いているからだ。 マクドナルドは全国に3093店舗(昨年12月末現在)が存在するが、そのなかでフランチャイズ店(FC)は2084店舗あり、全体の67%を占める。 前社長の原田泳幸氏(ベネッセHD会長兼社長)が、経…

つづきを見る