大坂なおみ

“期待の星”を卒業できない錦織圭…海外人気も急降下?

テニスの大坂なおみが全豪オープンを制覇した。全米に続いての快挙、劣勢に陥っても自分を見失わなかった「オトナの戦い方」はさすが。精神面でも大きな成長を遂げたようだ。 それに対し、“子どものまま”なのが、全豪オープン・準々決勝を途中棄権した29歳の錦織圭だ。 「四大タイトルの1つである全豪オープンの準々決勝まで上り詰めたの…

つづきを見る

マツコが『大坂なおみ』を利用して「日本を批判」と大炎上のワケ

「視聴者の気持ちを代弁している」と、その自由奔放な発言が大人気のマツコ・デラックスが、珍しく炎上を招いている。 問題の発言があったのは、月曜コメンテーターとしてレギュラー出演している『5時に夢中!』(TOKYO MX)でのこと。番組では同日の夕刊各紙から8つのニュースを紹介するコーナーがあり、1月28日の放送では、26…

つづきを見る

大坂なおみ「全米オープン優勝」に非常にガッカリした人たちとは

  残念ながら『東レ パン・パシフィックオープン』では準優勝に終わり、凱旋Vは飾れなかったテニスの大坂なおみ。しかし『全米オープン』で日本人初の4大タイトル優勝者となったことで、その報酬や経済効果はハンパないらしい。 「全米オープン優勝賞金は4億2000万円。『アディダス』との年間契約料は1桁増え、9億4730万円にな…

つづきを見る

大坂なおみの試合「なんで立川なんかで…」古市憲寿が『また』うっかり失言

9月20日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏が全米オープンテニスで優勝した大坂なおみ選手の日本凱旋に関してコメントした。普段スポーツは見ないと公言している古市氏だが、今回も何気ない一言がきっかけで炎上に発展している。 全米オープン優勝後初めて来日した大坂選手。アリーナ立川立飛で開催中のパ…

つづきを見る

大坂なおみと錦織圭『辛口専門家』が指摘する「種類の違う集中力」

テニスの全米オープン、ファイナルステージに進むことができなかった錦織圭。しかし、4強入りも快挙である。優勝した大坂なおみがスゴ過ぎるだけで、今回の奮闘は称賛に値する。 「海外メディアも『強いケイが帰ってきた』と認めていました。そんな錦織ですが、ちょっと別の方面でも話題になっていました」(専門誌記者) 4回戦の試合開始直…

つづきを見る

カンニング竹山『セリーナ美談』を「猛烈批判」で賛同の声が続出

9月10日に放送されたラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)に、お笑いタレントのカンニング竹山が出演。テニス選手のセリーナ・ウィリアムズに苦言を呈し、ネット上では賛同の声が上がっている。 大坂なおみが初優勝したテニスの全米オープン女子シングルスの表彰式で、ブーイングを受けて涙している大坂を、敗者である元女王のセリーナ…

つづきを見る

友達いない『大坂なおみ』にスリ寄る「友達になりたがる」連中

20歳の大坂なおみがテニスの全米オープンを制覇した。日本人選手による初の4大タイトル奪取に日本中が歓喜しているが、この快挙に本人はどう喜んでいいのか戸惑っているようだ。 「会場全体がセリーナ・ウィリアムズを応援していたので、表彰式では大坂にブーイングが浴びせられました。それでも感謝の言葉を述べ、世界中が大坂の態度に感動…

つづきを見る

藤原紀香が『大坂なおみ』に便乗し「自慢」をブログに織り交ぜる

9月10日、女優の藤原紀香が自身のブログで、テニスの『全米オープン』で日本人初の4大大会シングルス優勝の偉業を達成した大坂なおみを祝福した。 ブログで藤原は、 《なおみ選手への激しいブーイングの中、セレーナ選手へ深々とお辞儀をし、戦ってくれたことへのお礼を述べ、最後まで試合を見てくれた観客へのお礼を涙ながらに述べ、これ…

つづきを見る

大坂なおみ「日本女子初」の快挙に異を唱える残念な人たちとは

テニスの4大大会『全米オープン』に出場中の第20シード・大坂なおみが、大会11日目(日本時間9月7日)、女子シングルス準決勝で第14シードのマディソン・キーズを破り、日本女子とてして初の決勝進出を決めた。 大坂は過去0勝3敗と苦手にしていたキーズに一度も主導権を渡さずに快勝。決勝戦に向けて「どうしても(決勝であこがれの…

つづきを見る

大坂なおみ快挙も「盛り上がりに欠ける」狭量な理由

女子テニス世界ランク44位の大坂なおみが『BNPパリバ・オープン』でツアー初優勝を飾った。これは日本の女子選手で初めて4大大会に次ぐ大会を制する快挙だ。 大坂は決勝戦で同ランキング19位のダリア・カサキナ(ロシア)をゲームカウント6-3、6-2と、圧倒的な強さで破った。彼女はハイチ出身の父と日本人の母を持つハーフ。慣れ…

つづきを見る