大坂なおみ

『Aマッソ』加納“ダサすぎる既婚隠し”に呆れ声「男ファン意識してたんだね」

イタいほどトガりまくっているキャラでお馴染みの女性お笑いコンビ『Aマッソ』加納が、実は既婚者だと発覚。ネット上では呆れ声が飛び交っている。 ニュースメディア『週刊女性PRIME』が10月5日付の記事で、加納が実は既婚者であったと報道。お相手はマイナーのロックバンド『ザ・ラヂオカセッツ』でボーカル・ギターを務める山下秀樹…

つづきを見る

失言五輪・金メダル! 森喜朗“差別発言”で再び炎上「王貞治に対しても失礼」

女性への差別発言で、今年2月に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を辞任した森喜朗氏。そんな森氏が今度は〝人種差別〟をしたと報じられ、再び大炎上しているようだ。 森氏の問題発言を報じたのは、アメリカのニュースサイト『The Daily Beast』。ご存じの通り、7月23日に行われた東京五輪開会式の…

つづきを見る

大坂なおみ五輪後の大会欠場を発表! 曖昧な意向に呆れ声殺到

東京五輪・女子シングルス3回戦で敗退した大坂なおみが、8月9日開幕の『ナショナル・バンク・オープン』を欠場することが分かり、物議を醸している。 同オープンは、五輪後のツアーではトップ選手が出場する大会で、30日開幕の四大大会、全米オープンの前哨戦に位置付けられている。大坂の他にはアメリカとポーランドの選手2名が欠場を申…

つづきを見る

日本人の“大坂なおみイジメ”止まらず…敗戦で非難が加速「人選ミス」

東京五輪の開会式にて、聖火ランナーのアンカーを務めたテニスの大坂なおみ選手。その姿は堂々たるものだったが、なんとネット上では、彼女を聖火ならぬ烈火のごとく叩く勢力が見られている。 「大坂選手はBLM運動に共感を示すなど差別反対メッセージを発していますが、どうやら日本には、〝反差別〟という当たり前のことも気に入らない人々…

つづきを見る

大坂なおみが“ファッション誌表紙”批判に反論…ツイッターでのバトルに厳しい指摘

テニス選手の大坂なおみが7月20日、自身のツイッターを更新。ファッション誌の雑誌カバーを飾って相次いだ批判に反論した。 大坂は、ファッション誌『VOGUE』や米スポーツ誌『Sports Illustrated』水着特集号のカバーを飾っており、ラジオパーソナリティーのクレイ・トラヴィスから、ツイッターで《シャイで試合後に…

つづきを見る

大坂なおみが五輪出場を宣言! 矛盾した態度に「身勝手すぎる」

女子テニスの大坂なおみが7月6日、マネジメント会社を通じてコメントを発表。東京五輪に「出場します」と自らの言葉で宣言し、物議を醸している。 大坂は5月下旬に行われた全仏オープンで精神的負担を理由に会見を拒否。その後、うつを患っていたことを告白し、試合を棄権していた。 大坂は《皆さん、こんにちは。皆さんのあたたかいサポー…

つづきを見る

大坂なおみ騒動に賛否! 他選手に会見を“強要”していた過去も…?

女子テニスの大坂なおみが〝うつ状態〟だったことを公表し、当面休養することを発表。この騒動が、ネット上でさらなる波紋を広げている。 大坂は6月1日に自身のSNSを更新し、全仏オープンの棄権を表明。試合後の記者会見を拒否したことで批判が殺到していたが、《2018年の全米オープン以降、長い間うつに悩まされてきた》と告白したこ…

つづきを見る

病気を隠し続けた本田圭佑とイニエスタ…大坂なおみと“美学”の違い

うつ病をカミングアウトし、バッシングの渦から脱出したテニスプレイヤーの大坂なおみ。しかし、それでも海外メディアからは疑問視する声が相次いでいる。 騒動のきっかけとなった大坂の〝全仏オープンでの記者会見拒否〟は全世界で話題になり、ラファエル・ナダルやノバク・ジョコビッチなど多くのトッププレイヤーたちが、オブラートに包みな…

つづきを見る

小倉智昭が大坂なおみに苦言?「ある程度は妥協しなければ」発言に賛否

6月1日放送のラジオ『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』(ニッポン放送)に、ベテランキャスターの小倉智昭がスペシャルパーソナリティとして登場。テニスプレイヤー・大坂なおみの〝記者会見拒否〟について苦言を呈し、ネット上で賛否の声が続出している。 今回の放送では、自身のツイッターにて長期間の〝うつ状態〟を告白し、全仏オー…

つづきを見る

大坂なおみが“うつ病”告白! 全仏オープン棄権も「釈然としない」と疑問の声

女子テニスの大坂なおみが6月1日、自身のSNSを更新し、全仏オープン2回戦の棄権を表明。さらに2018年から〝うつ状態〟だったことを告白し、ファンがザワついている。 大坂は全仏オープン女子シングルス1回戦に勝利後、コート上でのインタビューには応じたものの、記者会見を拒否。主催者側は1万5000ドル(約165万円)の罰金…

つづきを見る