大江麻理子

「大江麻理子がNo.1だ!」さまぁ~ず三村が太鼓判を押した“実力”とは

テレビ東京の報道局に所属する大江麻理子キャスターに、フリー転身説が浮上している。かねて、彼女ならば民放4局がそろって「獲得意向アリ」といわれるほどの人気者だ。 「美人で知性派、スキャンダルも皆無。経済通としても評判が高い。ニュース番組や情報番組でも絶対に欲しい存在でしょう」(女子アナライター) 大江キャスターは、かつて…

つづきを見る

安藤優子だけじゃない…大物女性MC陣が一斉にテレビから消える!?

今年後半から来年にかけて、大物女性MC陣の交代が続出しそうだ。 「フジテレビは来る9月いっぱいで、安藤優子の情報番組『直撃LIVE グッディ!』の降板を決めた。視聴率が取れない、ギャラが高いでは、コロナ禍の民放では今後、使う余裕もないでしょう」(テレビ雑誌編集者) さらに降板の有力候補とされるのが、TBSの夜ニュース『…

つづきを見る

大江麻理子キャスター“休み明け”激変!「水卜アナ化してるやん…」

働き方改革を進める会社の方針で、メインキャスターを務めるテレビ東京系報道番組『ワールドビジネスサテライト』を1月いっぱい休んでいた同局の大江麻理子キャスターが2月3日、番組に復帰した。 番組の冒頭で大江キャスターは「こんばんは、私、1月はお休みをいただいていました。今日から再スタートということで、少し緊張しておりますが…

つづきを見る

加藤綾子“課長クラス”を選び人気凋落!? 後釜に仰天人気アナの名前

フリーアナ〝カトパン〟こと加藤綾子とEXLEのメンバーで『三代目J SOUL BROTHERS』のリーダーを務めるNAOTOとの交際に、業界の人間は誰もが驚いたようだ。 「好みの問題とはいえ、『趣味がいい』という声は1つも聞こえてきません。カトパンは見た目と違い、学生時代に派手に遊んでいたとウワサされていますが、口の悪…

つづきを見る

大江麻理子アナにデッレデレ! 三村マサカズ“態度の違い”に呆れ声

7月21日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)に、同番組の初代アシスタントを務めていた大江麻理子アナウンサーが出演した。 今年5月の放送にて、3代目アシスタントの福田典子アナが卒業している同番組。しかし、後任アシスタントは8月の放送から出演することが決まっており、8月までの計8回は週替りで代打アシスタントが登…

つづきを見る

テレ東・大江麻理子アナに民放各局がラブコール!? “争奪戦”勃発か

テレビ東京の大江麻理子アナが、民放各局の〝MC争奪戦〟のターゲットになっているという。 昨年から今年にかけて、大型報道番組のキャスターが続々と交代。テレビ朝日『報道ステーション』の新MCにはフリーの徳永有美が就き、日本テレビ『news zero』には元NHKの有働由美子、フジテレビは夕方新ニュース『Live News …

つづきを見る

『加藤綾子1位』は盤石?夜のニュースMC戦争「一番見たいのは…」

今、夜のニュース番組は完全戦争状態。今後はMC交代など、ひと騒動がありそうだ。 「民放では夜10時から続々とニュースが始まりますが、女性MCで一番見たいのは結局、誰なのか。一般視聴者のネット上の意見や業界関係者の評判から、おのずとランキングが見えてきますね」(女子アナライター) 1位は、やはりフリーアナの加藤綾子だとい…

つづきを見る

『カトパンに勝てる!』テレ東・大江麻理子アナ人気で早くも水面下で争奪戦

テレビ東京の大江麻理子アナを、他局が獲得に向けて動いているという。 彼女は現職のアナウンサーだが、正式には報道局に所属する記者兼キャスターだ。 「もともとはアナウンサーとして入社。経済の知識が豊富で、それを買われて報道局の記者キャスターになった経緯がある。あまり知られていませんが、中国通で中国語が堪能。無許可で農村部を…

つづきを見る

有働由美子『NEWS ZERO』大不振!で裏番組「大江麻理子」が人気

鳴り物入りでスタートした元NHKアナウンサー有働由美子がMCを務める日本テレビ『NEWS ZERO』に、早くも「立て直し」が囁かれている。 「リニューアル初日の10月1日、2日こそ“ご祝儀”でギリギリ視聴率10%に乗りましたが、それからは右肩下がり。一桁台連発で12日には4.6%まで落ち込み、その後も似たり寄ったりで5…

つづきを見る

以前から不仲と言われていた大江麻理子アナと大橋未歩アナの争いがついに決着

テレビ東京の二枚看板と言われる、大江麻理子アナウンサー(37)と大橋未歩アナウンサー(37)は、長い間にわたって確執が伝えられてきた。 だが、とうとうその決着がついたようだ。 現在、大江アナは『ワールドビジネスサテライト』の司会を務めている。局の顔というだけでなく、“経済の顔”としても評価が高い。 「同局は日本経済新聞…

つづきを見る