奥様は、取り扱い注意

最終話「奥様は、取り扱い注意」格闘シーンと困惑の結末

12月6日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の最終話が放送された。ドラマを見ていた視聴者は、綾瀬はるかの強すぎるアクションシーンを批判し、「ラストシーンが変だった」と話題にしている。 最終話では、伊佐山菜美(綾瀬)が昔の仲間だった小雪(西尾まり)から、菜美の夫の勇輝(西島秀俊)が公安委員会の人間だった…

つづきを見る

『奥様は、取り扱い注意』西島秀俊の「怪しさ」に想起するのは…

11月29日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第9話が放送された。ドラマを見ていた視聴者のあいだでは、西島秀俊の行動が「怪しすぎる」と話題になっており、まるでアメリカのアクションコメディ映画のようだという。 第9話では、伊佐山勇輝(西島)の行動を怪しく思った妻の菜美(綾瀬はるか)が、かつて工作員をし…

つづきを見る

不審すぎる西島秀俊「奥様は、取り扱い注意」伏線疑う声

11月15日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第7話が放送された。この放送回では、西島秀俊が演じる伊佐山勇輝の行動が怪しく、綾瀬はるかが演じる「妻の菜美の敵なのか」と想像する視聴者が相次いでいる。 第7話では、主婦仲間の小野寺友恵(霧島れいか)が医者から余命半年だと宣言され、主人公の菜美(綾瀬はるか…

つづきを見る

「奥様は、取り扱い注意」マンネリ打破で視聴率追い上げへ

綾瀬はるか主演の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)が好調だ。11月8日放送の第6話では、これまでマンネリ化が危惧されていた勧善懲悪のパターンからの脱却が垣間見えた。 元特殊工作員という変わった肩書きの主婦である伊佐山菜美(綾瀬)が、町で起こるさまざまな事件を秘密裏に解決していくというドラマで、これまでは…

つづきを見る

『奥様は、取り扱い注意』好調の背景には広末涼子の「艶演技」

連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)が視聴率で健闘している。放送され放送回を重ねるごとに視聴率が下降気味になるドラマが多いなか、初回から4話目までの平均視聴率は11.4%、11.3%、12.4%、11.2%と堅調に推移している。そして11月1日放送の第5話では同14.5%と急上昇を果たした。 「綾瀬はるか…

つづきを見る

某ドラマ出演者「奥様は、取り扱い注意」へ続々集結!

11月1日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第5話が放送された。そして、次週予告に登場した主人公らの“最凶の敵”横溝健が「意外な俳優」だったと話題になっている。 第5話では、日ごろから夫に不満を抱いていた大原優里(広末涼子)が、不満を爆発させて家出を決意する。同じような状況にあった伊佐山菜美(綾瀬は…

つづきを見る

『奥様は、取り扱い注意』無理な展開に「視聴離脱者」多発!

綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)は、主婦が元腕利きの工作員という設定だ。そのため、10月25日放送の第4話もストーリーが凄まじい展開になっていた。住宅街のなかで起きた誘拐事件に、綾瀬の演じる主婦の伊佐山菜美がどんどん介入していくのだ。 ある日、近所で仲がいい主婦の子供が登校途中に誘…

つづきを見る

「奥様は、取り扱い注意」夫役がクズ過ぎて批判集中

10月25日に放送された連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で、「旦那がクズなせいで起きる事件が多すぎ」だと話題になっている。 第4話も、前回までに引き続き伊佐山菜美(綾瀬はるか)、大原優里(広末涼子)、佐藤京子(本田翼)の3人が街で起こる“怪事件”を解決していった。町内の豪邸に住む主婦の美佐子(星野真理…

つづきを見る

青木さやかのドラマ役作りが「怖すぎ」と話題に

10月18日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第3話が放送された。この放送回にはお笑いタレントの青木さやかが出演したが、青木に対してインターネット上で「おばちゃんぶりが凄い」と話題になっている。 第3話では、主人公の伊佐山菜美(綾瀬はるか)が、恐喝の現場を見てしまい、正義感ゆえにやめるよう声をかける…

つづきを見る

早くもマンネリ化!視聴者呆れた「奥様は、取り扱い注意」

10月11日に放送された連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で、ワンパターンな展開に飽きた視聴者からの批判が続出している。さらに、早くも主役の綾瀬はるかの夫役を演じる西島秀俊の“正体”を想像し始めるなど、視聴者の話題が本題から脇道にそれる展開になっている。 この日は第2話目で、夫の伊佐山勇輝(西島)との関…

つづきを見る