好感度

国民的スターから一転…好感度が“ガタ落ち”した女性オリンピック選手たち

素朴で真面目なイメージからか、女性スポーツ選手はやたらと好感度が高い。しかし、そんな好感度が墜落した例はいくつもある。 代表的な例は、元卓球選手の福原愛だ。子どものころから〝天才卓球少女〟と日本国民から親しまれてきた福原は、そのままオリンピック選手となると、人気はさらに加速。国民的人気を獲得し、好感度も不動のものにした…

つづきを見る

城田優に『和牛』水田…ゲスな“ナンパ”で好感度を下げた男性芸能人たち

俳優の城田優が7月18日、自身のツイッターを更新し、街で女性に声を掛けようとした〝ナンパエピソード〟を披露。ファンから驚きの声があがっている。 城田は《うちからまぁまぁ距離あるスーパーで買い物してそのまま歩いてたら、同じスーパーで買い物してた方と偶然ずーっと同じ方面へ歩いていて「よし、次信号で引っ掛かったら挨拶してみよ…

つづきを見る

『いきものがかり』脱退メンバーの評判散々…最後の地上波出演も存在感なし?

7月17日生放送の『音楽の日』(TBS系)に、『いきものがかり』が登場。3人体制では最後の地上波出演だったが、視聴者からの反応は意外にも冷たいものだったようだ。 今年の夏を目途にグループを脱退し、芸能活動からも引退することを発表したメンバーの山下穂尊。そんな彼を含む最後の出演だからか、今回の番組では代表曲『ありがとう』…

つづきを見る

『彼女はキレイだった』中島健人の好感度ガタ落ち? クソキャラすぎてファン困惑…

7月13日、小芝風花と『Sexy Zone』中島健人のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の第2話が放送された。せっかくの〝胸キュンドラマ〟にもかかわらず、中島の好感度が落ちる悲劇が起こっている。 子どもの頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。そんなあ…

つづきを見る

上白石萌音の“被災地支援”に賛否! クラファン活用に疑問の声も…

俳優の上白石萌音が7月5日に設立した被災地支援のクラウドファンディング『静岡県熱海市・大雨土砂災害 緊急支援プロジェクト』の支援額が、7月12日午前時点で目標額50万円を大幅に超える800万円に達した。支援人数は6700人超えとなっている。 上白石は3日に発生した静岡県熱海市を中心とした大雨・土砂災害によって被害に遭っ…

つづきを見る

真木よう子の“二の腕”がムチムチ!? ふっくら体型に「親近感わく」と好評の声

俳優の真木よう子が、7月7日に自身のインスタグラムを更新。その投稿写真に、ネット上から「親近感が湧いた」と好意的な意見が寄せられている。 この日、真木は7月6日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演したことをつづり、同日にゲスト出演していた唐沢寿明とのツーショットを公開した。アップされた写真で真木は…

つづきを見る

堀田茜の“赤面エピソード”に総ツッコミ!「通報案件」「さすがに嘘っぽい」

モデルでタレントの堀田茜が、7月6日放送の『ザ! 世界仰天ニュース 2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演。プライベートでの〝赤面エピソード〟を明かし、さまざまな声があがっている。 この日、番組で自身の仰天ニュースを聞かれた堀田は、「1人映画が好きでよく行くんですけど」と切り出し、「ポップコーンと飲み物を買っていった…

つづきを見る

藤原紀香“土石流災害”お見舞いコメントに批判「うんざり」「どうかと思う」

俳優の藤原紀香が7月6日、自身のインスタグラムを更新。静岡県熱海市で発生した土石流について言及したが、ネット上では厳しい声があがっている。 藤原は《熱海 伊豆山の土石流災害に心が痛みます… 伊豆山の神社や美術館などもよく訪れていたので、その甚大な被害に胸が締めつけられています》と悲しみを明かした。続けて《昨夜、新幹線移…

つづきを見る

小倉優子の“子育て写真”に目を光らすネット姑「わざとらしい」「作戦みえみえ」

タレントの小倉優子が7月6日、自身のインスタグラムを更新。洗い物がたまったキッチンや、オモチャが散らかった部屋の様子を公開し、さまざまな声があがっている。 小倉は《あぁやらないと 子供達を寝かせる前に終わらなかった片付け》とつづり、洗い物がたまったキッチンの様子をアップ。続けて、《普段は寝かせる前に終わらせるのですが、…

つづきを見る

森七菜“新CM”で迷走…奇抜なヘアスタイルに「個性がない」「誰?」

俳優の森七菜と神尾楓珠が、NTTドコモが提供する『ahamo』の新CM『七変化』篇に登場。森の〝イメチェン〟にファンがザワついている。 同CMでは、森と神尾が個性豊かな〝Z世代〟の若者を1人7役で演じている。2人はファッションやヘアスタイルをガラリと変え、Z世代らしい〝多様性〟を表現。加えて、Z世代のダンスクリエイター…

つづきを見る