娯楽

「パチンコ・パチスロ業界」に最早不可欠と化したコンサルの暗躍

2016年のパチンコ、スロット遊技機の販売(納品)台数が、前年比で大幅にダウンした。パチンコの総販売台数は約166万台(昨年比16.0%減)、スロットは約81万台(同26.5%減)だったという。 日本全国にパチンコ台は約300万台、スロット台は約150万台ある(2015年度警察庁調べ)といわれており、昨年の販売台数は、…

つづきを見る

春の千葉の各鉄道はイベントが満載!

この春、千葉県の鉄道が脚光を浴びている。 3月3日に開業30周年を迎えた京葉線(JR東日本)では、同線を中心にトレインカードなどがもらえる『房総・京葉線スタンプラリー』(3月21日まで)を実施している。 この他の私鉄もイベントが盛りだくさんだ。 千葉県北西部(東葛地方)のローカル線の流鉄流山線は、3月12日に『流鉄開業…

つづきを見る

鉄道各社が力を入れる「春のスタンプラリー」

過去に本サイト『まいじつ』でも2回ほど取り上げたJR東日本の『ウルトラマンスタンプラリー』。 JRに限らず、スタンプラリーは手軽に楽しめ、人気もあることから、実施している鉄道事業者は多い。 「スタンプラリーの楽しみはスタンプと景品につきる。それも先着○○人限定というオリジナルグッズが多く、参加者の参加意欲を高めている。…

つづきを見る

朝日劇場と吉本興業のタッグでかつての「興行の街 新世界」が復活か

通天閣のお膝元である大阪の新世界にある『朝日劇場』がリニューアルし、『新世界 朝日劇場よしもとライブ』が2月11日からスタートする。 『朝日劇場』と吉本興業が合体した公演の実現に、地元の期待が高まっている。 新世界は、いまでこそ串カツや通天閣のイメージが強いが、かつては映画館や劇場が軒を連ね、興行街として東京の浅草に匹…

つづきを見る

昭和が色濃く残る、新宿三大繁華街・荒木町で話題の「スナック」とは

2020年東京オリンピックが開催されるにあたって『荒木町』(東京都新宿区)が注目されている。 荒木町といってもピンとこない人も多いはず。 地元関係者は「荒木町は不夜城の歌舞伎町、花街の神楽坂と並ぶ『新宿三大繁華街』のうちの一つなんです。江戸時代には美濃高須藩の殿様だった松平家の上屋敷があり、最後の会津藩主である松平容保…

つづきを見る

全国のパチンコ店に「全台撤去命令」 過度なクギ調整に警察ブチ切れ

パチンコ業界に激震が走っている。 今年6月に警察庁の要請で、遊技産業健全化推進機構が実施してきた遊技機性能調査において、パチンコ台の入賞状況が違法であると指摘された。 問題になったのは、台が検定を通過した後に改造が加えられ、営業に利用されていた点。つまり、クギの角度が変えられていることが違法であるという指摘なのだ。 「…

つづきを見る

シンガポールで人気沸騰の「けん玉」!ママも絶賛の理由

日本の伝統的な玩具の『けん玉』が、欧米を中心に、『Kendama』として世界の注目を集めるようになった。そして現在は、東南アジアのシンガポールでブームに火が付き、人気沸騰中だという。 シンガポールの東急ハンズや百貨店の玩具売り場では、1個約3000~1万円で販売されている。けん玉の材質も、ブナ材、くるみ材、そして高級な…

つづきを見る

迷パチンコ業界の起爆剤となるか?アニキが歌う「仮面ライダー」新台第3弾

「やっぱりアニキは最高やで。アニキの勝利まで待ち続けるわ」 こう熱く語るのは、プロ野球は阪神ファンと話す大阪在住のFさん(51)。少し紛らわしくなったが、彼が言う“アニキ”とは阪神の金本知憲新監督ではなく、アニソン(アニメソング)の帝王で“アニキ”の異名を持つ歌手の水木一郎(67)のことだ。 水木の代表曲といえば、『マ…

つづきを見る