小山田圭吾

『フジロック』に小山田圭吾の影? バンド仲間が手にしていたのは…

8月20日から3日間にわたって開催された『FUJI ROCK FESTIVAL ’21』。初日に6人組スペシャルバンド『METAFIVE』のメンバーが2人だけ出演。話題の人物の影が垣間見えたとして、ネット上で大きな話題を呼んでいる。 「METAFIVE」とは、ミュージシャンの高橋幸宏を中心に、LEO今井、ゴ…

つづきを見る

パラ五輪でも“差別主義者”起用!? 女性蔑視で炎上した『WANIMA』の過去

8月24日開催の『東京パラリンピック』カウントダウンプロジェクトに、ロックバンド『WANIMA』が参加。人気アーティストではあるが、はたして彼らは「東京パラリンピック」に適切な存在なのだろうか? 「WANIMA」は「東京パラリンピック」のみならず、東京2020組織委員会による公式文化プログラム『東京2020NIPPON…

つづきを見る

カンニング竹山の“イジメ自慢”を完全スルー! 腐った芸能人たちの二枚舌

「身内に甘い」と言われる芸能人たちだが、またもそうした腐ったしきたりが浮き彫りとなった。 問題にあげられているのは、お笑い芸人・カンニング竹山だ。彼は過去の〝イジメ自慢〟が掘り起こされ、ネット上で大炎上している。 コトの発端は、学生時代のいじめを自慢するように語っていた過去が問題視され、五輪開会式の作曲担当を辞任、以降…

つづきを見る

カンニング竹山“過去のイジメ”謝罪も「見損なった」「小山田より悪質」

学生時代のいじめを自慢するように語っていた過去が問題視され、五輪開会式の作曲担当を辞任、以降も数々の仕事がキャンセルとなっている『Cornelius』こと小山田圭吾。また、これを皮切りに、ネット上では著名人の〝黒い過去〟を発掘する動きが盛んになっている。 時事問題に独自視点の毒舌を浴びせるカンニング竹山もその1人。竹山…

つづきを見る

小山田圭吾“フジロック”2日間参加に賛否「応援してます!」「信じられない」

新潟・湯沢町で8月20日から22日にかけて開催される国内最大級のロックフェス『フジロックフェスティバル』にミュージシャンの小山田圭吾が出演することが分かり、ネット上で物議を醸している。 小山田は東京五輪開会式の楽曲制作を担当していたが、過去の〝いじめ問題〟が発覚して辞任。騒動はいまだ収束しておらず、高橋幸宏、TOWA …

つづきを見る

竹中直人、小山田圭吾、のぶみ…東京五輪の裏で炎上を続ける“不謹慎狩り”

俳優の竹中直人が、東京五輪の開会式前日に出演を〝辞退〟していたと7月29日発売の『週刊文春』が報じている。 竹中は開会式序盤の木遣り歌とダンスパフォーマンスで、真矢ミキと共に大工の棟梁役を演じることになっていた。記事によると竹中は、21日に行われた通し稽古ではノリノリでパフォーマンスしていたという。しかし、22日に演出…

つづきを見る

開会式辞任! 竹中直人だけ“許す”ネット民の大矛盾「日本の腐った部分だな」

7月28日付の『文春オンライン』にて、俳優の竹中直人が東京五輪の開会式出演を、前日になって辞任していたことがわかった。これを「英断だ」と褒める、矛盾だらけのネット民が相次いでいる。 竹中は1985年に『竹中直人の放送禁止テレビ』というオリジナルビデオを発表。これが障害者を過激に揶揄する内容であったそうだ。竹中のマネージ…

つづきを見る

小山田圭吾を超える!? 暴行に窃盗…“ヤンチャ自慢”が痛すぎる芸能人たち

東京オリンピック・パラリンピックにて、開会式の楽曲担当に任命されていたミュージシャンの小山田圭吾。しかし、過去に自身が発言した〝イジメ自慢〟が蒸し返されて大炎上したのはご存じのことだろう。 問題の発言は、音楽雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』1994年1月号に掲載されたインタビュー記事でのこと。記事内で…

つづきを見る

『NGT48』暴行事件から約2年半…悲惨な現在地「イメージ失墜」「知名度消滅」

2018年に起きた暴行事件で、すっかりアイドルグループとしてのイメージが失墜してしまった「NGT48」。同グループは今も存続しているのだが、残されたメンバーはどのような活動をしているのだろうか。 まず現在のメンバーは、1期生12名、2期生12名、ドラフト3期生4名の合計28名。一時期バラエティー番組などに引っ張りだこだ…

つづきを見る

“小山田擁護”ジャーナリストが手のひら返し! 過去ツイートが発掘されて炎上

ジャーナリストの津田大介氏が、過去に小山田圭吾のいじめを擁護していたことが発覚。ネット上で物議を醸している。 津田氏は毎年、福島県いわき市で『LIVE FUKUSHIMA』というイベントをプロデュースしているが、2016年のイベントに小山田を招くなど交流を深めていた。もちろん、そのこと自体はなんの問題もないが、あろうこ…

つづきを見る