巨人

侍ジャパンが恐れる「山口事件処分」の着地点

9月4日にプロ野球実行委員会が開かれた。埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手が審判団から繰り返し警告を受けた“2段モーション”に関する確認、東京五輪の予選を兼ねた第2回『プレミア12』の準決勝、決勝の準備。ポスティングシステムの改定に関する日米協議の進捗状況など、重要な案件がたくさんあったのだが、別のことで大半の時間を割か…

つづきを見る

巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言

酒に酔い、東京都内の病院で男性警備員に怪我を負わせたほか、病院内の扉を蹴って壊した罪で書類送検された読売ジャイアンツの山口俊投手に対して、球団は今季終了までの出場停止に加え、罰金と減俸を合わせて1億円を超える制裁金を課す処分を発表した。 しかし、この山口投手の処分に対して、球団に多くの「甘い」という批判が届いている。老…

つづきを見る

巨人・山口俊の出場停止処分に「甘すぎる」と批判続々

プロ野球の読売ジャイアンツに所属する山口俊投手が先月、東京都内の病院で酒に酔った状態で警備員と口論になり、怪我をさせたなどとして傷害などの疑いで書類送検されたことを受け、球団は山口投手を今シーズン終了までの出場停止などの処分にした。 「巨人は球団として山口を今シーズン終了までの出場停止と、1日につき報酬の300分の1に…

つづきを見る

巨人・阿部慎之助「2000安打達成」で高まる次期監督待望論

プロ野球読売ジャイアンツの阿部慎之助内野手が通算2000安打を達成した。NPB(日本野球機構)史上49人目だ。 「この偉業で“巨人の監督”への道が開けました。高橋由伸監督の次の監督は『プレッシャーがきつくてなり手がいない』といわれているだけに、来年とはいわないが、40歳になる2年後に引退し、監督就任という流れが固まりつ…

つづきを見る

暴行事件の山口俊が解雇に備え「台湾野球界への道」模索か

問題を起こして謹慎している読売ジャイアンツ所属の山口俊投手に退団の可能性が出てきた。 山口は7月11日未明に、飲食店で暴れて右手甲を怪我し、その際に訪れた病院の警備員に暴行をし、全治2週間の怪我を負わせたうえ、病院のドアを壊した疑いが持たれている。 「山口には病院と警備員から器物損壊と傷害の被害届が出されました。警備員…

つづきを見る

「勝てない巨人」に東京ドーム最寄りの水道橋駅で起きている異変

プロ野球のセ・リーグで下位に低迷している読売ジャイアンツの本拠地、東京ドームに最も近いJR水道橋駅で、ある“異変”が起きている。 「今年の巨人は前半に大量失点をし、早い時間帯で負けが決定的になる試合が多く、諦めて五回くらいで帰る巨人ファンが増えています。おかげで水道橋駅は、“試合終了後の混雑”が緩和されつつあります」(…

つづきを見る

巨人・山口俊投手の不祥事に「中堅選手」不満爆発

読売ジャイアンツの山口俊投手が7月18日、トラブルを起こした疑いがあるとして予告先発予定だった中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)の登板を回避した。球団によると、11日未明に右手甲を負傷。その後、東京都内の病院を訪れた際に、酔った状態で扉を壊し、男性警備員を負傷させる暴行事件を起こした疑いが生じたためだという。 この不祥事…

つづきを見る

WBC大会中に固まった侍ジャパンの「勝利の方程式」

2017ワールド・ベースボール・クラシックで野球日本代表『侍ジャパン』は1次ラウンドと2次ラウンドを6戦全勝で、ベスト4の揃う決勝ラウンドへの進出を決めた。 「平野佳寿を早いイニングで使って、試合の終盤は増井浩俊、秋吉亮を挟んで、牧田和久に繋ぐ。絶対的な抑え投手を決められずに大会本番を迎えましたが、なんとなく、リードし…

つづきを見る

長嶋茂雄が宮﨑キャンプで語った「巨人30億円補強」の本音

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】 「勝つ! 勝つ! 勝つ!」 プロ野球の巨人が行っている宮崎キャンプで、2月11日に長嶋茂雄の甲高い声が響き渡った。その声は、毎朝都内の自然教育園でのリハビリで訓練している「イチ、ニ、イチニ」「ヨイショ、ヨイショ」の大きな掛け声と同じであった。 2日間の宮崎キャンプ視察を終えて帰宅した…

つづきを見る

幻に終わった星野仙一の「巨人監督就任」秘話

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】 1月16日、東京六大学時代から付き合いのある星野仙一の野球殿堂入り(エキスパート部門)が決まった。 毎年、殿堂入り選考時期になると、仙ちゃんの名前が話題に上がるものの、落選してきた経緯がある。その度に「俺に名誉ある勲章は縁がない」と、一番名誉にこだわる仙ちゃんは、寂しくそう語っていた…

つづきを見る