平昌五輪

おもしろTシャツが「ダダ滑り」悩む高梨沙羅

全日本スキー連盟が10月31日に有力選手による合同記者会見を開き、スキージャンプ女子の高梨沙羅は開催まで100日を切った平昌冬季五輪にかける意気込みを明かした。本格的なシーズンを前に「まずはいいスタートを切れるよう…」と表情を引き締めたが、解消されない悩みがあるという。 「高梨はメッセージ入りのTシャツを好んで着ていま…

つづきを見る

羽生結弦が五輪連覇に向け「情報攪乱作戦」展開か

平昌冬季五輪で金メダルを目指す羽生結弦は、かなりの重圧を感じながら今シーズンを迎えている。五輪で2大会連覇なら66年ぶりの快挙だ。 「羽生はシーズン開幕戦で“天国と地獄”をいっぺんに味わいました。ショートプログラム(SP)でいきなり世界最高得点を出したかと思えば、得意のフリースケーティング(FS)でミスを連発してしまっ…

つづきを見る

平昌五輪前の高梨沙羅に降りかかる「雑音」

スキージャンプ女子の高梨沙羅が、スロベニアで単独合宿を始めた。平昌五輪シーズンを乗り切るための体力作りが目的だが、ここまで念入りに調整するのは初めてのことだ。金メダルを強く意識しての合宿だと思われる。 「夏場の合宿では持久力アップに重点を置き、今回は瞬発力の強化が目的です。高梨の弱点はスタミナで、連戦になると体力が落ち…

つづきを見る

平昌五輪に北朝鮮選手が出場か

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、11月から始まる平昌冬季五輪の聖火リレーを「予定通り行う」と明言し、「北朝鮮の一部も通る」とした。さらには、現時点で平昌五輪の出場権を獲得した北朝鮮の選手はいないが、IOCは“特別枠”か“招待枠”での参加も検討しているという。 北朝鮮は現在、核実験やミサイル発射…

つづきを見る

平昌五輪カーリング会場が「競技開催不可能」だという噂

これまでも平昌冬季五輪の競技施設における工事遅延は報じられてきた。しかし、自国の競技監督から“不満”が出たのは、恐らくこれが初めてだろう。 8月11日にカーリング女子韓国代表のキム・ミンジョン監督が『朝鮮日報』の電話取材に応じ、カーリング競技の会場となる『江陵カーリングセンター』が「今年3月から閉鎖状態にある」と明かし…

つづきを見る

平昌五輪を意識して造られたキム・ヨナの銅像が酷過ぎると話題に

現役引退を発表した元フィギュアスケート選手の浅田真央が監修するオフィシャル写真集『浅田真央 希望の軌跡~ホープのきせき~』が、8月12日に発売された。ここ一番の大舞台で得意技を決めた決定的瞬間など、これまでの活躍を150点以上の写真で振り返ることのできる写真集だ。 「この夏は、引退表明後に初のアイスショーへ出演もしてい…

つづきを見る

羽生結弦の指示にスタッフ困惑「ピアニストになったつもりで」

羽生結弦がアイスショーの打ち合わせで厳しい表情を見せた。自ら演目として選んだのはショパンのピアノ曲『バラード第一番ト短調』。2015年シーズンから2季続けて使用しており、同年12月のグランプリファイナルのショートプログラムで世界最高となる110.95点を獲得したものだ。 「羽生は『いまできる最高の演技を披露して、お客さ…

つづきを見る

浅田真央の周囲が悩む平昌五輪でのキム・ヨナとの関係

女性週刊誌が浅田真央の“熱愛”を報じた。相手はフランス人モデルだという。 その親密ぶりも気になるところだが、浅田は“もうひとつの難題”を抱えていた。来年2月の平昌冬季五輪をどうサポートしていくかだ。 「本人もその気はあります。でも、日本スケート連盟も本人も“あの問題”にはいまのところ触れていません」(体協詰め記者) あ…

つづきを見る

平昌冬季五輪美女ランキング進出のため日本選手の「奥の手」

来年2月に開催される平昌冬季五輪について、すでに海外のインターネットサイトでは、メダル獲得の期待が高い美女アスリートを紹介する企画も始まっている。 ちなみに女子スキージャンプの高梨沙羅は金メダル獲得の最有力候補だが、こちらのランキングでは残念ながら完全に圏外だ。 「競技でいえば、カーリングは各国かなりの美女ぞろいです。…

つづきを見る