忖度

広瀬すずの経歴を改ざん? フジテレビで異様な“ジャニーズ忖度”発動か

5月18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、俳優の広瀬すずが過去に出演したドラマが紹介された。これに『新しい地図』の香取慎吾ファンを中心とする視聴者が、お怒りの様子だ。 広瀬と松坂桃李がゲスト出演。番組では、2012年に14歳でモデルデビューしたときの広瀬の写真を紹介。続いてナレーターが「フジテレビドラマ初…

つづきを見る

くら寿司パワハラ騒動がAdoに飛び火!“無店”くら寿司待ったなし?

大手牛丼チェーン『吉野家』幹部の問題発言や、知床遊覧船の悲惨な事故など、企業の闇が騒がれる昨今。これらの大きなニュースの裏で、激安回転寿司チェーン『無添くら寿司』も、問題が発覚していた。しかしなぜかテレビなどでは大々的に取り上げられておらず、ネット上では、その裏を勘ぐる声が続出している。 4月1日、山梨県甲府市にある「…

つづきを見る

ダウンタウンへの忖度?『くら寿司』パワハラ騒動をメディアが報道しないワケ

今年3月にコラボキャンペーンで問題を起こし、続けて「生娘をシャブ漬け戦略」発言で世間を騒がせた牛丼チェーン『吉野家』。連日メディアで騒動を取り扱っていたが、同じように不祥事を起こした寿司チェーン『くら寿司』との〝報道姿勢の差〟に疑問の声が上がっている。 4月20日に『文春オンライン』が、「くら寿司」に勤務する30代男性…

つづきを見る

『ドライブ・マイ・カー』に国内で酷評相次ぐ…「日本人には合わない」

第94回アカデミー賞で、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が日本映画として13年ぶりの国際長編映画賞を受賞した。これを受けて、上映館数がどんどん拡大、さらに興行収入も10億円に迫る勢いだという。 原作・村上春樹、監督・濱口竜介、主演・西島秀俊という豪華な組み合わせが実現した同作。 日本でも『第45回 日本アカデミー…

つづきを見る

荒れるセンバツ…高野連への批判が出場校に飛び火「モヤモヤしちゃう」

3月19日より、「センバツ」の呼び名で親しまれている『第94回選抜高等学校野球大会』が開幕。第1試合が行われる中、選抜発表時に『日本高等学校野球連盟(高野連)』へ抱いていた怒りを再燃させる高校野球ファンが多いようだ。 「センバツ」には予選がなく、秋に行われる各都道府県の大会成績を考慮して出場校が決められるのはご存じの通…

つづきを見る

“10分濃厚キス”黙殺? 阿部華也子『めざましテレビ』大栄転の理由は…

「キスといえば」で連想した時、『Kis-My-Ft2』と『ダチョウ倶楽部』の後に思い浮かぶタレント・阿部華也子が、〝キススキャンダル〟からまさかの大栄転を遂げることとなった。この異常事態から、番組とセント・フォースのただならぬ関係が見え隠れするという。 先日、フジテレビは今春の改変による『めざましどようび』の新体制を発…

つづきを見る

キムタクに忖度?『家事ヤロウ』のレシピランキングに「納豆が2位なの?」

2月15日放送の『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)では、芸能人のリアル自宅メシBEST20を発表。木村拓哉、上白石萌音、松雪泰子、大竹しのぶら豪華芸能人たちのリアル自宅レシピが披露されたが、視聴者から疑問の声が上がっている。 番組では、SNS上での「いいね」数や「作ってみた」などの数値を参考に、話題になった順にレシピ…

つづきを見る

日本アカデミー賞にアニオタ激怒!「流石に疑問」「結局はテレビ局絡み」

今年で45回目の開催となる『日本アカデミー賞』。3月11日の授賞式に向けて、各賞の優秀賞が発表されたのだが、その結果にアニオタが激怒しているようだ。 話題を呼んでいるのは、「優秀アニメーション作品賞」にノミネートされた作品たち。『劇場版 呪術廻戦 0』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』といった令和を代表する大ヒット作に…

つづきを見る

菅田将暉“イントロクイズ”でズル?「忖度エグい」「興醒めするわ」

俳優の菅田将暉が1月6日放送の『クイズ! ドレミファドン』(フジテレビ系)に出演。イントロクイズで活躍したものの、視聴者から「忖度?」などと疑う声が出ている。 冒頭のイントロクイズでは、「間違い…」と歌詞が流れたところで、菅田のチームのランプが光った。菅田もボタンを押す仕草を見せたが、みちょぱは「伊藤さんが押してますよ…

つづきを見る

『ONE PIECE』に降りかかる火の粉…過去の炎上騒動を振り返る

日本漫画界の頂点に君臨する国民的人気作品『ONE PIECE』。熱狂的なファンも数多くの存在し、数十年続いた現在も、その人気は衰えることを知らない。しかし、そんな同作も常に評判が良かった訳ではなく、時には炎上することも。今回は長寿作品「ONE PIECE」に降りかかった炎上の歴史を紐解いていこう。 作者・尾田栄一郎が引…

つづきを見る