思考

お気に入りの商品が自分が買ったあとに安くなっていたら…

鎌倉時代後期の武士、青砥藤綱(あおとふじつな)は、川に落とした10文を、50文のたいまつを買って探させた。「採算が合わない」との批判に「10文は小銭だが、これを失うのは天下の貨幣を永久に失うこと。50文は自分にとっては損だが、他人には益。合わせて60文の利は大である」と答えた。 もし私たちが奮発して、20万円の腕時計を…

つづきを見る