情報ライブ ミヤネ屋

宮根誠司に激怒! 元『KARA』ク・ハラさん特集に「胸糞悪い」「許せない」

4月17日放送の『土曜プレミアム・世界法廷ミステリー』(フジテレビ系)でMCを務めたフリーアナウンサー・宮根誠司に対し、K-POPファンから怒りの声が大量に寄せられた。 同番組は、実際の裁判映像や証言などを基に、さまざまな事件の謎に迫る「世界法廷ミステリー」シリーズの第17弾。前半は世界中の事件が紹介されたのだが、番組…

つづきを見る

『ミヤネ屋』橋下徹“接待問題”に猛抗議!「まともだ…」「今回ばかりは支持」

新型コロナウイルスやオリンピックの話題などを差し置いて、連日国会で追及されている総務省の接待問題。呆れるような発言ばかり飛び出る今回の騒動だが、3月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、元大阪府知事の橋下徹氏が激しい批判を繰り広げてみせた。 この日の番組には、橋下氏がコメンテーターとして登場。『日本電…

つづきを見る

坂上忍&宮根誠司の運命は…?『ゴゴスマ』関西進出に期待の声

お昼の情報番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)が、3月15日より大阪をはじめとした関西地区でも放送を開始。同時間帯の視聴率争いが過熱すると予想されている。 「ゴゴスマ」は、今日知っておきたいニュースや芸能情報といった「今話題になっていること」をわかりやすく伝えていく…という趣旨の番組。フリーアナウンサ…

つづきを見る

『ミヤネ屋』宮根誠司に珍しく賛同の声!「ハッキリ言ったのは宮根だけ」

3月9日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、イギリスのメーガン妃とヘンリー王子夫妻が、王室内での差別発言をアメリカのテレビ番組で暴露した一件について特集。これに関する宮根誠司のコメントが、珍しく支持を集めているという。 イギリス王室内でメーガン妃への人種差別的な発言があったとして、世界中に衝撃を与えた今…

つづきを見る

『ミヤネ屋』炎上! 韓国アイドルグループ“Stray Kids”ファンから非難の嵐

3月2日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、韓国のアイドルグループ『Stray Kids(ストレイキッズ)』メンバー・ヒョンジンの中学生時代の不適切な言動をピックアップ。しかし、事実とは異なる報道をしてしまったようで、ファンの間で物議を醸している。 「Stray Kids」は韓国のケーブルテレビ『Mne…

つづきを見る

宮根誠司が霞むレベル?『ミヤネ屋』元JOC参事が「偉そうだし不愉快」と話題

2月17日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、日本オリンピック委員会(JOC)の元参事である春日良一氏が登場。コメンテーターとして持論を語ったものの、高圧的な言動が視聴者の神経を逆撫でしてしまったようだ。 2月12日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を務めていた森喜朗氏が、女性蔑視…

つづきを見る

『ミヤネ屋』宮根誠司“うっかりミス”に厳しい声「あなたが伝えなきゃ…」

1月12日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、北陸道を襲った大雪について特集。その中でMCの宮根誠司が発した〝とある発言〟が、ネット上で物議を醸しているようだ。 1月9日ごろに福井県を襲った大雪が原因で、北陸道では立ち往生する車が続出。救出活動が行われ、11日には立ち往生が解消されたとのこと。さらに、具…

つづきを見る

『ゴゴスマ』“高視聴率”連発のワケは?「バイキングやミヤネ屋より…」

1月7日放送の情報番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)の平均視聴率が8.3%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)で、同時間帯のトップだったことがわかった。 同番組は、4日にも8.3%を記録しており、同時間1位を週に2回獲得したのは初めてとなる。 7日の放送では、ゲストに元大阪府知事の橋下徹氏や元宮…

つづきを見る

『ミヤネ屋』橋下徹の発言に大バッシング「腹わた煮え繰り返る」「非常に不愉快」

1月7日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が登場。新型コロナウイルスへの対応策について持論を語ったのだが、とある発言によって世間から激しいバッシングを受けているようだ。 今回話題を呼んでいるのは、ひっ迫した状況にある医療現場に関する議論。番組には栃木県宇都宮市でコロナ対応の…

つづきを見る

渡部健の謝罪会見で大スベリ!『ミヤネ屋』ディレクターに厳しい声

司会・宮根誠司の発言によって、何度も炎上騒ぎを起こしている『ミヤネ屋』(日本テレビ系)。同番組ディレクターによる『アンジャッシュ』渡部健の謝罪会見での発言が、物議を醸しているようだ。 12月3日に開かれた渡部の謝罪会見。渡部は開口一番に謝罪の言葉を述べ、反省した様子を見せる。さらに記者から「『週刊文春』にて報じられた不…

つづきを見る