感動

まるで人間の冬虫夏草……生命の息吹に溢れるフィギュアが斬新すぎる!

うーむ…これはすごい…。 思わずそう言いたくなるほど奇抜で、ある意味では不気味なのだが、じっと見ていると作品全体から、とても力強い”生命の息吹”を感じ取ることができる。 この作品はアメリカ・ニューヨークのブルックリンを拠点に活動している、ギャレット・ケイン氏が作ったもので、木の枝や葉、天然の水晶、花びらなどを自在に組み…

つづきを見る

視力を失った犬と目の代わりを務めるポメラニアンが織りなす心温まる物語

Sweet Treats Of PAWSitivity!さん(@the.fluffy.duo)が投稿した写真 – 2014 12月 27 10:34午前 PST 彼の名はホシ。アメリカのワシントン州スポケーンの愛犬家ポーリン・ペレスさんに、10年以上も飼われているエスキモー犬だ。 一見普通に見えるが実は重度の緑内障を患…

つづきを見る

【運動会】カメラが残した子どもたちの奇跡の成長録

運動会シーズン真っ盛り。 社会人になって以降、運動会とは無縁の生活を送っている筆者ですが、先週末、近所の学校から懐かしい運動会メロディーが聞こえてきたので、家族みんなで当時のビデオを観返してみました。 そこには、若々しい両親、幼い自分と友達・兄弟、そして、今は亡き大好きだった祖父母の姿も……。当時の思い出が、一気に甦っ…

つづきを見る

【感動実話にグッとくる…】バスの運転手・乗客の思いやりエピソード6選

  9月20日は『バスの日』。 1903年9月20日、京都の堀川中立売(なかたちうり)から七条駅、堀川中立売から祗園間で乗り合い自動車の運行が始まった。 諸説あるものの、これが日本のバス事業の始まりと言われている。 そんな100年以上の歴史をもつバスは、自動車・電車・飛行機同様、いまや日常生活に無くてはならない交通手段…

つづきを見る

ホームレスになった退役軍人を待ち構える非情な現実と差し伸べられた手

一人のホームレスを追ったある動画が、全米で大きな話題を呼んでいる。   一見小ぎれいなこの男性。実は彼、国のために戦地におもむき戦った退役軍人なのだという。 命あって母国に帰還したものの、彼を待っていたのはホームレスという過酷な現実だった。 力なく壁に寄りかかり、食べ物を乞う男性。 しかし、道行く人々はまるで彼が見えて…

つづきを見る