批判

滝沢秀明氏“手越スルー”は過去の因縁が原因? ジャニーズファンは納得の声

元『NEWS』でジャニーズタレントだった手越祐也が11月7日、ツイッターを開設したばかりの滝沢秀明氏に絡んだ。しかしスルーされ、滝沢氏のフォローを解除。その一連の流れがジャニーズファンの間で話題になっている。 「滝沢氏のツイッター開設が大きな話題になったキッカケのひとつに、元『KAT-TUN』赤西仁、元『関ジャニ∞』錦…

つづきを見る

『SLAM DUNK』新作映画に不穏な空気…プロモーションが大失敗したワケ

『週刊少年ジャンプ』の黄金期を支えた、バスケットボール漫画『SLAM DUNK』。12月3日に公開される新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』へ注目が集まっていたが、ここのところ解禁された新情報に、往年のファンから苦言が殺到している。 同作品は、1990年から1996年にわたって「ジャンプ」で連載された、ス…

つづきを見る

DJ松永“タブーネタ”で謝罪! クローズドな場所での発言も批判されるべき?

ヒップホップユニット『Creepy Nuts』が11月6日、早稲田大学の学園祭で開催されたライブ『AGESTOCK2022 in WASEDA ARENA~Creepy Nutsと創るHIPでHOPな早稲田祭~』に出演。DJ松永の発言が物議を醸し、謝罪する騒動に発展してしまった。 早稲田祭は来場者数が20万人を超える日…

つづきを見る

長嶋一茂は感覚がズレすぎ? Jアラートへの“オオカミ少年”発言に呆れ声

タレントの長嶋一茂が11月4日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。前日3日に発令された〝Jアラート〟について「このままじゃオオカミ少年になってしまう」と苦言を呈した。しかしあまりに適当なコメントに、視聴者からは呆れ声が上がっている。 この日、番組では3日に北朝鮮からミサイルが発射され、約1カ月ぶりにJアラ…

つづきを見る

アニメ『チェンソーマン』は本当に失敗なのか? 漫画とアニメの熱量にギャップ

10月11日より放送開始した、今期の覇権アニメ候補『チェンソーマン』(テレビ東京系)が物議を醸している。監督を務める中山竜氏の炎上が激化し、原作者・藤本タツキも〝テコ入れ〟に駆り出されているようだ。 同アニメはハイクオリティーな作画が毎週話題になっているが、原作を読み込んだファンの間では不評が目立っている。その理由は、…

つづきを見る

ユニクロのコラボにまたも大ブーイング!「俺たちが憧れたラングが…」

9月10日、ファストファッション大手『ユニクロ』がファッションブランド『HELMUT LANG(ヘルムート ラング)』とのコラボを発表。これまでもコラボアイテムを発表する度に炎上してきた「ユニクロ」だが、今回も相変わらず批判が殺到しているようだ。 「ユニクロ」と「ヘルムート ラング」のコラボ『UNIQLO and HE…

つづきを見る

本田翼の“最新CM”に漫画ファン怒り「世界観を見事にぶち壊した!」

タレントの本田翼と大人気漫画『ちいかわ』がコラボした、『明星食品』のインスタントラーメン『チャルメラ』のCM。ファンからは絶賛の声が続出した一方、2次元キャラと3次元のコラボに厳しい声が続出しているようだ。 9月5日より公式YouTubeチャンネルにて公開されている新CM『チャリメラ篇』。「ちいかわ」の登場キャラである…

つづきを見る

安倍元首相の国葬は“電通”案件!? まさかの疑惑に猛反発「憎悪と怒り」

参議院選挙の応援演説中、凶弾に倒れた安倍晋三元首相の国葬が、9月27日に実施される。どうやら、その国葬は日本最大手の広告代理店『電通』が執り行うらしく、ネット上で批判の声が殺到している。 安倍元首相の国葬と「電通」の関わりは、以前から指摘されていた。 そして、7月27日にニュースサイト『日刊スポーツ』が公開したコラム『…

つづきを見る

『TKO』コンビ解散? 木本&木下揃っての不祥事に信頼失墜…

巨額投資トラブルが明らかになったお笑いコンビ『TKO』の木本武宏が、所属事務所の『松竹芸能』を退社する方向であることが分かり、ファンをザワつかせている。 木本は、7月13日にMBSラジオ『エビ中☆なんやねん』の収録をスケジュールの都合を理由に休んでいたが、その後、呆気なく降板が決定。 さらに木本がMCを務める関西ローカ…

つづきを見る

安倍元首相に「不死身かと」…お笑いタレントが炎上!「一線を越えた」

お笑いタレントのぜんじろうが安倍晋三元首相に言及し、大炎上している。 ぜんじろうはここ数日、7月8日に銃撃されて亡くなった安倍元首相に対し、侮辱とも取れるツイートを連投。13日に投稿したツイートでは、銃撃事件の記事を引用し、《善人ほど早死って言うから、安倍さんは不死身かと思ってましたが、、》としつつ、《謹んでお悔やみ申…

つづきを見る